Nature Innovation Group

傘シェアのアイカサが新型コロナ対策第2弾、外出自粛期間中は何日借りてもレンタル料金は70円に

次の記事

東南アジアでオンライン学習サービスを手がけるManabieが約5.2億円調達、今後は「学校のオンライン化」支援も

傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営するNature Innovation Groupは4月22日、利用開始から24時間ごとに発生する追加レンタル料金の70円をすべて無料にするサービスを開始した。通常は1日(24時間)の料金が70円で、その後は24時間経過ごとに70円が加算され、レンタル開始後6日後にレンタル料金の総額が420円になると、それ以降は1カ月後まで420円で傘を借りられるサービス。今回の期間限定サービスにより、新型コロナウイルスの蔓延防止のために外出自粛要請が出ている期間は、傘のレンタル料が何日借りても70円となる。

アイカサは4月15日時点で登録ユーザー数が9万2501人、アイカサスポット(傘の設置場所)が850カ所。今回の同社の取り組みは、利用者が追加料金の発生を回避するために返却場所まで外出するリスクを排除するのが狙い。

同社は、新型コロナウイルス対策の第1弾として4月18日からアイカサスポットなどに消毒用アルコールを設置する「#staysafe」プロジェクトも展開しており、4月21日からは都営新宿線沿線に計12カ所、西武新宿線沿線に計24カ所を追加設置している。設置スポットの詳細はアイカサの公式LINEアカウントから参照できるマップで確認できる。

同社では、アイカサスポットの有無に限らず、さまざまなかたちでの協賛企業様を募集中だ。

新型コロナウイルス 関連アップデート