D4V
シナモン

AI OCRや特化型音声認識技術開発のシナモンが約13億円を調達

次の記事

SpaceXが60個以上のStarlink衛星の打ち上げに成功、2020年のサービス開始に布石

AIソリューションを開発・提供するシナモンは4月23日、シリーズCラウンドで総額約13億円の資金調達を発表した。調達方法は、既存投資家であるD4Vが運用するファンド(D4V1号投資事業有限責任組合)と米ペガサス・テック・ベンチャーズが運用するファンドを主要株主とする第三者割当増資のほか、三井住友銀行と日本政策金融公庫、商工組合中央金庫からの融資デットファイナンス)となる。

今回の資金調達の目的は、海外展開を見据えた人材採用、株主体制の強化、基盤技術・ユーザーインターフェースの強化、日本とベトナム、台湾での組織体制強化、人工知能プロダクトの新領域開発へのR&D投資など。なお新規株主には、ギークピクチュアズと夏野剛氏も加わっている。具体的な人工知能プロダクトの新規領域としては、音声認識や自然言語処理などを予定している。

同社は人工知能研究所をベトナムのハノイとホーチミン、台湾に設立し、現地で多くのAI技術者が開発業務に従事している。主力サービスは、AIを活用したOCR「Flax Scanner」。PDFやWordなどのデジタルデータはもちろん、印字や手書きなどの紙文書などをAIによってテキストデータ化できるサービス。現在は、金融・保険業界や、製造業、物流業をはじめとした、多数の大手企業へエンジン提供している。

また、特化型音声認識技術「Rossa Voice」(ロッサ・ボイス)も大手企業を中心に販売に販売を開始している。これは各社特有の録音環境や専門用語、文脈をチューニングすることで、高精度な音声認識を実現する技術。自然言語処理技術を組み合わせることで、情報抽出や要約、分析などの後工程の処理までを提供しており、社内システムとの連携も可能だ。

シナモンはこれまで「ホワイトカラーの生産性向上」をミッションに、AIプラットフォームを開発・提供してきた。新型コロナウイルスによる外出自粛要請が続く中での企業のさらなる業務効率化、AIプロダクトの提供を通じた企業の競争力を支援・強化する取り組みを推進していきたいとしている。