ファクタリング / factoring(用語)
先払い

フリーランス向け報酬先払いのyupがセブン銀行と提携、24時間365日ATMから引き出し可能に

次の記事

仮想ホワイトボードで離れた場所でもリアルタイムに共同作業、グッドパッチの新サービス「Strap」

フリーランス向け報酬即日払いサービスを提供中のyupは4月23日、セブン銀行との業務提携契約を締結したことを発表した。yupは、TechCrunchが主催したスタートアップとテクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo 2019」のスタートアップバトルでファイナリストに輝いた2019年2月設立のスタートアップだ。

今回の提携によってyupは、セブン銀行が提供する「リアルタイム振込機能」を利用可能になり、フリーランスは営業時間の制約を受けずに原則24時間365日いつでも報酬を即時に受け取れるようになる。
リアルタイム振込機能とは、セブン銀行が企業向けに提供する機能(API接続)。このAPIを利用することで、yupから振込指示を受けて即時に振込が実行可能になるという仕組みだ。セブン銀行のATMは、セブン-イレブンのほかショッピングモールやスーパーマーケットなどに設置されているので、利用しやすいのもメリットだろう。

yupの先払いサービスは、2019年9月26日にβ版の提供を開始。面談や書面でのやり取りは不要で、審査はオンラインのみで最短60分で完了する。そして、会員登録をした当日からサービスを利用できる。利用者は報酬の支払い元に送る請求書をyupに送ることで10%の手数料を差し引かれた金額を即日受け取れる。後日、支払い元から受け取った報酬額をyupに振り替えることで処理が完了する。利用者は手数料を取られるものの、通常は1~2カ月後にになる報酬の受け取りを大幅に短縮できるほか、回収不能のリスクを回避できるというメリットがある。

同社代表取締役社長の阪井 優氏によると、yupサービスは新型コロナウイルスの影響もあり、3月の申請は2月の2倍に増えたとのこと。同社は、直近の収入が減少したフリーランスが手元資金を増やすため、取引先の経営不安などの理由で利用者が増えたと分析している。

口約束だけで業務委託契約などを結んでいない場合、支払い元の発注担当者の事務処理能力が原因で期日どおりに報酬を受け取れないケースはいまだに多い。今回の提携により、フリーランスの資金繰りを迅速に支援するための新しい選択肢が増えたことになる。