アップルとグーグルが共同開発した新型コロナ接触者追跡APIの初版が来週リリース

次の記事

世界最大の大麻企業Medicine ManがSchwazzeにリブランド、積極的買収も発表

Apple(アップル)のCEO Tim Cook(ティム・クック)氏と欧州委員会の単一市場担当委員を務めるThierry Breton(ティエリー・ブレトン)氏の会話によると、アップルとGoogle(グーグル)が共同開発しているクロスプラットホームな接触者追跡APIは来週から使用できる。ブレトン氏が彼のオフィスで共有した写真には、彼とクック氏のビデオ会話の様子が写っており、また彼がLes Echosに語ったところによると、クック氏は「公衆衛生当局のためにアプリを作るソフトウェアデベロッパーがその接触者追跡APIを利用できるのは4月28日からだ」と述べた。

アップルとグーグルは4月10日に、両社がiOSとAndroidの両方のモバイルデバイスで動く接触者追跡システムで協働していると発表し、そのオプトインのネットワークがユーザーの実際のID情報とは無関係なランダムなIDにより、新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性と確認された人と接触した可能性を通信すると詳しく説明した。それは、個人のプライバシーを保護するために位置データを決して集めない分散システムで、両社はそのAPIを使って作られたいかなるアプリも、それらがユーザーベースの最遠のリーチを持ちうるためにプロジェクトで協働することを選んだ。

その接触者追跡システムは二段階での展開となる。最初に来週には、デベロッパーがAPIを使えるようになる。当初は5月中旬を予定していたが、ブレトン氏とクック氏の会話を聞いたかぎりでは両社はそのスケジュールを早めたようだ。ソーシャルディスタンシング措置の変様や緩和をいつ行うべきかを正しく知るには接触者追跡が喫緊に必要で、このスケジュール変更は理にかなっている。

計画の第2段階は、接触者追跡システムをOSのレベルでアップデートすることだ。オプトインはデバイス上で管理され、AndroidとiOSもどちらも、このオプトイン・アウトの切り替えにより、ローカルな追跡行為に参加できるものでなければならない。しかもそれは、公衆衛生当局の特定のアプリの有無とは無関係でなければならない。ただし両社が開始したQ&Aセッションによると、接触者の可能性を通知する公衆衛生アプリのダウンロードとインストールを示すアラートが出るのは構わない。それによってユーザーは、信頼できるソースから次にどうすればよいか関する追加的情報を取得できるだろう。

なお、この第2段階は今年後半になる。でもAPIの最初のバージョンの到着がこれだけ早まったことは、これをなるべく早く市場に出したいとする両社の意欲と努力の表れだろう。おそらく相当多くの技術者をつぎ込んでいると思われる。

現在開発中またはすでに実装された接触者追跡システムはたくさんあるが、共通の技術による相互乗り入れ通信が可能で、もっとも人気の高い複数のモバイル機種間の幅広い参加の機会が開けることは、そんなシステムが実際に効果的でありうる大きなチャンスになる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa