美少女ゲーム
OOParts
black

クラウドゲーミング環境「OOParts」が正式公開、往年の美少女ゲーム100タイトル超がスマホで遊び放題

次の記事

AIスタートアップのHACARUSが大阪ガスから数億円規模の資金調達、Daigasグループのシステムを開発へ

Blackは4月23日、往年のWindows版美少女ゲームを中心としたアドベンチャーゲームをさまざまなデバイスで楽しめるクラウドゲーミングプラットフォーム「OOParts」(オーパーツ)を正式リリースした。月額料金は期間限定で1000円。終了日は決まっていないが、キャンペーン後の月額料金は3000円となる。同社は2018年11月設立のスタートアップ。

同社では正式版のリリースを記念して、100タイトルを超えるゲームが無料で遊び放題となる「#ワンクリックでゲーム開始」キャンペーンを4月26日まで開催する。期間中はアカウント登録なしですべてのゲームをプレイ可能だ。

OOPartsは、2019年11月にクローズドベータ版を開始。招待ユーザー約4000人の累計プレイ時間は19万4163分間(134.8日間に相当)となっていた。今回同社はクローズドベータ版でのプレイデータを基にUXを向上させ、正式版では数多くの新機能を追加している。具体的には以下のとおり。

  • トップページの検索性向上
  • シナリオライターや声優の名前などの検索に対応
  • クレジットカードやApple Pay、Google Payでの決済に対応
  • プレイ履歴を確認できるマイリスト機能
  • マウスポインターを一定時間非表示に
  • プレイメニューをタッチ/マウスジェスチャーで表示可能に
  • マウスの右クリックとスクロール操作が可能に

正式版でラインアップされている主なゲームタイトルは以下のとおり。今後も順次追加される予定とのこと。