Ben Horowitz
ベン・ホロウィッツ

名門VC共同創業者ベン・ホロウィッツ氏がLyftの取締役を退任

次の記事

DJIがカメラとバッテリー寿命をアップグレードした新型ドローン「Mavic Air 2」を発表

ベンチャーキャピタルのAndreessen Horowitz(アンドリーセン・ホロウィッツ)の共同創業者でゼネラルパートナーのBen Horowitz(ベン・ホロウィッツ)氏がライドシェアリング会社Lyft(リフト)の取締役再選に立候補しない以降であることが、米国時間4月27日に証券取引委員会(SEC)に提出された書類でわかった。

ホロウィッツ氏はLyftの取締役を2016年6月から務めてきた。同氏がMarc Andreessen(マーク・アンドリーセン)氏と共同設立したベンチャーキャピタル会社のAndreessen HorowitzはLyftの初期の出資者だった。ホロウィッツ氏は6月19日に予定されているLyftの年次株主総会まで取締役会に残る。同氏の取締役辞任の意志を最初に報じたのはProtocolのBiz Carson(ビズ・カーソン)記者だった。

Lyftはホロウィッツ氏の空席を埋める予定はない。ホロウィッツ氏のコメントは入手できていない。TechCrunchは反応があり次第本稿を更新する予定だ。

「ベン(ホロウィッツ氏)には4年間にわたる取締役の任務をはじめとするLyftとの長年の関係に感謝している」とLyftの広報担当者がTechCrunch宛のメールで語っている。「在任中ベンは、Lyftが大きな節目を達成する際、何度も助けてくれた。2019年のIPOもその1つだった。投資家の先駆者として、またベンチャーキャピタル界の指導者として、引き続き活躍することを祈っている」。

ホロウィッツ氏は、Okta(オクタ)、Foursquare(フォースクエア)、Genius(ジニアス)、Medium(ミディアム)、Databricks(データブリックス)を始めとする13社の取締役を務めている。

ホロウィッツ氏がLyftの取締役に選ばれたのは、彼の豊富な業務と経営の経験、テクノロジー会社の知識そしてベンチャーキャピタルとしての膨大な経験が理由だった、と2020年株主総会の議題を発表した書類の中で同社は語った。

年次総会は西海岸時間2020年6月19日午後1時30分からバーチャルで開催される。株主以外でも 「www.virtualshareholdermeeting.com/LYFT2020」で株主総会を観覧できる。株主は質問と投票をオンラインで行える。

総会の場でLyftは2023年までの任期の取締役2名を推薦する他、独立公認会計会社としてPricewaterhouseCoopers LLP(プライスウォーターハウスクーパース)の指名承認を諮る予定だ。Lyftの共同ファウンダーでCEOのLogan Green(ローガン・グリーン)氏とFloodgate Fund(フラッドゲートファンド)の共同ファウンダー・パートナーのAnn Miura-Ko(アン・ミウラ・コ)氏が取締役再任に立候補する予定だ。

同社の議事にはほかに、特定業務執行役員報酬の勧告的承認、および特定業務執行役員報酬に関する将来の株主による勧告的投票の頻度の勧告的承認という2件の承認議案がある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook