Uber EatsでPayPay決済が可能に、5月4日開始の大阪と京都を皮切りに順次全国対応

次の記事

インド拠点のeコマースJioMartが商品をWhatsAppで注文するシステムをテスト中

Uber Eatsは4月28日、新たな決済方法としてPayPayに対応することを発表した。5月4日以降に大阪と京都、5月8日以降に東京、千葉、埼玉を除くすべてのサービス提供エリア、5月15日に残りの東京、千葉、埼玉で利用できるようになる。

決済方法は、注文商品の画面で支払い方法をPayPayに変更するだけ。今後はPayPayと共同でPayPayアプリ内からUber Eatsを呼び出せるミニアプリ化の計画もある。

ソフトバンクグループはUberに出資しており、PayPayはソフトバンクグループとヤフーの合弁会社。ソフトバンクのエコシステムがさらに拡がった。