Companies
CFO
analyst

Alphabetの第1四半期売上は予想を上回るも、3月に広告収入が大きく鈍化

次の記事

アップルが全米の新型コロナ検査施設をマップに追加

米国時間4月28日の取引終了後、Google(グーグル)の親会社Alphabetは2020年第1四半期の決算報告を行った。この3カ月における同社の売上411億6000万ドル(約4兆3860億円)は、アナリストたちが予想した403億3000万ドル(約4兆2970億円)を上回ったが、一株あたり利益9.87ドルはウォール街が予想した10.38ドルに届かなかった。

Alphabetの株価は、通常取引で3.3%下げた後、時間外取引で約2.8%上がった。

Alphabetの決算報告の中身は、一種の警告のようだ。CFOのRuth Porat(ルース・ポラット)氏は、四半期後半の落ち込みについて「第1四半期の最初の2カ月は好調だったが、3月は広告収入がかなり鈍化した」と述べている。

グーグルはAlphabetの売上と利益の大部分を生み出しているが、それは主に広告収入だ。事実、検索とYouTubeと同社のネットワークからの広告の売上は、2020年最初の3カ月における売上の82%を生み出している。

決算報告で「その他(Other Bets)」としてまとめられているAlphabetのさまざまな研究開発事業は、売上が前年同期の1億7000万ドル(約181億2000万円)から2020年第1四半期には1億3500万ドル(約143億9000万円)に落ちた。そのため、その他部門の営業損失は8億6800万ドル(約925億円)から11億2000万ドル(約1193億5000万円)に増えている。

同社の好悪混交した決算と、3月における後退は、新型コロナウイルスがもたらした経済の悪化を心配している投資家たちの慰めにはならない。同社の広告に依存するビジネスは、パンデミックによる消費者と企業の支出の減少に苦しんでいる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa