Soros Fund Management
シーメンス
ジョージ・ソロス

世界的投資家ジョージ・ソロスが電動車の充電管理スタートアップに約14億円投資

次の記事

サムスンが新型コロナ禍でもメモリ需要は増加と予想、スマホとテレビの売上は減少か

全地球規模のパンデミックに対応してシャットダウンが国際的に広がり、エネルギー需要の崩壊で石油企業ですら苦難を経験している。そんな中で、世界で最も賢い金融企業を代表する投資家たちは、運輸交通の未来を担う充電に、小さな賭けをしようとしている。

著名投資家George Soros(ジョージ・ソロス)氏の投資企業であるSoros Fund Managementが、Siemens(シーメンス)とそのほかの多くの投資家とともに、米国ロサンゼルスの充電スタートアップであるAmply Powerに、1320万ドル(約14億円)を投資した。ソロス氏からすると少額の投資だ。

Amplyの創業者で会長でCEOのVic Shao(ヴィック・シャオ)氏は「まだ発展途上のわれわれの業界にソロス氏が入ってくるなんて、100万年に1度も考えたことがないよ」と語る。そして化石燃料のエネルギー価格が崩壊しても、シャオ氏によるとAmplyの価値命題には依然として道理がある。

同氏はまた「エネルギーだけの単価なら、電気は化石燃料の半分だ。経済が回復すれば、ソーラーや風力もどんどん安くなるだろう。石油の掘削技術の最低費用は1バレルあたり今20ドルだが、そのあとの処理や蒸留にも金がかかる」と説明する。なおシャオ氏は、Green Chargeの元CEO。Green Chargeはエネルギーの分散保存を実現する企業で、世界最大の国際的エネルギーサプライヤーであるENGIEに買収された。

Amplyには競合他社が多く、電気自動車の車群に対する充電管理の市場はトップ争いも激しい。ElectriphiやEVConnnect、GreenLots、GreenFluxなどの企業が、同様のサービスでしのぎを削っている。今回の資金の使途は、チームと顧客展開の拡大で市場競争に勝つこと。現在Amplyが充電操作を管理している顧客は、カリフォルニア州コントラコスタ郡の交通局であるTri Delta Transitと、ニューヨーク市のLogan Bus(ローガン・バス)が所有する電気スクールバスの車隊デモンストレーションなどだ。

同社によると、Amplyは中国の電気バスメーカーBYDや、Hawaiian Electric Companyの子会社Pacific Currentなどの良きパートナーだそうだ。

Amplyは顧客企業に提供する充電インフラストラクチャのオーナーであり、車の台数などによらない固定料金を顧客に課金する。「車隊管理のためのハードやソフトを売るベンダーが多いが、それらは結局顧客のリスクになる。それらのツールの実装と使用を自分でやるかベンダーがやるかという話になってしまう」と同氏は言う。

同氏によると、同社は、都市の基幹的なインフラである公共交通機関の顧客が多く、政府のファンドも使えるので、不景気でも経営は比較的安定している。「売上がサブスクリプションベースで安定していることは、本当にありがたい。公共交通機関の利用者は減っているし、ルートも少なくなっているが、乗合バスや校区のバスはなくならない。顧客がやや減っているのは、民間企業の方だけだ」とシャオ氏。

シーメンスとソロス氏が加わった新たな資金調達には、以前のシードラウンドの投資家であるCongruent VenturesPeopleFund、そしてObvious Venturesも参加した。

画像クレジット: GM

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa