マスクを取らなくてもiPhoneをアンロックできる機能をアップルが開発中

次の記事

駿台予備校が1学期の対面授業を全面中止に、全生徒にatama+のAIオンライン授業をリモート提供へ

Face IDは素晴らしい技術だが、新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延により世界中の人がマスクをするようになってからは無用の長物になってしまった。

もちろんApple(アップル)は人々の悩みを知っていた。

ユーザーの報告によると、iOS 13.5の最新のデベロッパーバージョンには、マスクを取らなくてもiPhoneを簡単にアンロックできる、ちょっと微妙な機能がある。

TwitterでRobert Petersen(ロバート・ピーターセン)氏とGuilherme Rambo
ギルヘルム・ランボ)氏が共有したビデオでは、マスクを検出したFace IDがパスコード入力画面へジャンプする。それは、1日に何十回もアンロックする人、つまり我々全員にとって便利であるだけでなく、マスクを取らないからウイルスに触れないという点でもありがたい。

iOS 13.5ベータに搭載されているアップルの新しいFace IDアンロック機能(提供:Guilherme Rambo)

この機能が最終的にiOSの正式バージョンに載るのか、それはまだわからない。しかし、確実に載るであろう機能は、アップルとGoogle(グーグル)が共同開発した濃厚接触追跡APIだ。これを利用して国の公衆衛生機関などが、ユーザーが新型コロナウイルス感染者に接触したことを、プライバシーを侵さずに見つけるアプリを作ることができる。

iOS 13.5のリリースは数週間後に予定されている。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa