SPACEE TAKEOUT
スペイシー

顔認証とキャッシュレス決済で使える10分20円からのリモートオフィス「10Minutes by SPACEE」が登場

次の記事

テスラが中国でModel 3を今年2回目の値下げ、補助金条件変更に対応

スペイシーは5月1日、飲食店や空きオフィスなどをコワーキングスペースとして活用できる「10Minutes by SPACEE」のサービスを開始した。

10Minutes by SPACEEの特徴は、無人運営が可能な点。店舗に設置したタブレット端末または発行したQRコードを設置するだけでコワーキングスペースとして提供できる。仕込みの時間などの営業時間外に店舗を無人運営のワークスペースとして貸し出すことで人件費をかけずに売上を上げられるわけだ。

利用者は10分20円からという低価格で仕事場所を確保できるのがメリット。初回利用時にタブレット端末で顔を登録し、PayPayやクレジットカードなどを登録する。退店についても顔認証で手続きできる。利用料金については、入店から退店までの時間が計算され、該当する利用料金が事前登録されたクレジットカードなどから自動引き落とされる仕組みだ。もちろん、2回目以降については決済登録は不要で、顔認証だけで入退店OK。

現在は新型コロナウイルスの蔓延でソーシャルディスタンスが叫ばれているが、10Minutes by SPACEEには「定員設定」機能が備わっており、店内への入店を許可する人数を柔軟に調整することもできる。

主な参加店舗は以下のとおりで全30拠点が利用できる。同社としては年内に300拠点を
目指す目標だ。

  • 金の蔵 池袋サンシャイン通り店
  • 金の蔵 新宿靖国2号店
  • 金の蔵 渋谷109前店
  • ビヤケラー東京新橋店
  • 中目黑LOUNGE
  • 鶏豚きっちん 渋谷道玄坂店
  • プリヤマハル東京
  • COLAZIONE VARIO
  • LEON’S COFFEE
  • CAFE&BAR dizzle

そのほか同社が4月にリリースしたテイクアウトアプリ「SPACEE TAKEOUT」との連携も可能だ。SPACEE TAKEOUTは、決済手数料5%のみで利用できるテイクアウトオーダー管理サービス。PayPayなどの各種コード決済サービスやクレジットカードでの決済が可能なほか、多言語対応(英語、中国語、韓国語など100言語程度に)により訪日外国人も利用できる。