クラス8の電動大型トラック「Tesla Semi」は2021年に発売延期、当初より2年後ろ倒し

次の記事

アップルのQ2売上は新型コロナの影響で対前年比横ばい

Tesla(テスラ)は全電動のクラス8(大型)トラックTesla Semiの生産・販売開始を2021年に延期する。4月29日の四半期決算発表で明らかにした。当初計画より2年ずれ込むことになる。

「我々は最初のTesla Semiの発売を2021年にシフトさせる」と同社は説明し、それ以上の情報は出さなかった。

Tesla Semiは2017年11月に、同社のデザインスタジオとElon Musk(イーロン・マスク)氏の別の会社SpaceX(スペースエックス)があるカリフォルニア州ホウソーンでの華々しいセレモニーで発表された。デビューさせたとき、マスク氏はSemiがテスラの Model X、Model S、そしてModel 3のような走りになることを約束した。またSemiは、最大積載量の荷物を積んで時速100kmで走っても、フル充電での航続距離は800kmという驚くべきスペックも誇った。

プレオーダーを入れたWalmart(ウォルマート)やAnheuser-Busch(アンハイザー・ブッシュ)を含め、顧客から関心が寄せられた一方で、目標としていた2019年に開発が間に合わなかった。

今年初めの第4四半期決算発表で、テスラは久しぶりにSemiについての情報をアップデートし、「台数限定ながらTesla Semiの生産を今年開始する計画だ」と述べていた。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi