AWSのQ1は売上は1兆円を突破し年商4兆円超が視界に

次の記事

Google Cloudがラスベガスにデータセンターをオープン

Amazon(アマゾン)のクラウド部門であるAWSは、それ自身単独でも相当成功している。米国時間4月30日の同社の発表では、四半期売上が100億ドル(約1兆720億円)を突破し、このクラウド事業の年商は400億ドル(約4兆3000億円)を超える見通しとなった。これが純利益が前年同期より10億ドル減って25億ドルになったAmazonの決算報告の明るい側面だ。

多くの企業がAmazonのビジネスの全体を見ようとするが、AWSは2006年にAmazonのサイドビジネスのようなものとして始まり強力な独自のビジネスへと成長した。ただし、今なお33%の成長率で活発に成長しているが、そろそろ大数の法則が働き始めてやや鈍化してきた。

Microsoft(マイクロソフト)の4月29日の決算発表によると、AWSのライバルであるAzureは59%も成長したが、率ではなくマーケットシェアの絶対額では先頭馬のAWSが相変わらず強い。

Bloomberg(ブルームバーグ)のJon Erlichman(ジョン・アーリックマン)記者が、AWSのQ1の売上の過去7年ぶんをツイートで羅列している。それを見ると、AWSの成長のすさまじさがよくわかる。

2014年には、それは年商ほぼ40億ドルのビジネスだった。今年はその10倍近くになり、まだ成長はやまない。市場がまだまだ大きいから成長の余地が十分にある。今はパンデミックとそれによる経済の停滞にみんなが悩んでいるが、実は経済の低迷は企業をクラウド化へ向かわせる強力な動機になる。それまでクラウドを考えもしなかったような企業ですら、迅速な移行を検討する。

パンデミック好機説はすべてのクラウドベンダーについて言えることだが、経済が縮小すればむしろこれらのベンダーが提供するサービスの需要が高まり、そのため当面の間成長が続くのだ。

画像クレジット: Ron Miller/TechCrunch

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa