新型コロナの不確かな未来を前にiPhoneの売上が減少

次の記事

NASAのジェット推進研究所が開発した緊急時用人工呼吸器を米食品医薬品局が認可

すでに聞いた話だったらご容赦願いたい。Apple(アップル)のデバイス売上は打撃を受けているが、サービスは好調だ。長年同社のハードウェア製品ラインを支えているiPhoneは、Q2の売上が289.6億ドル(約3兆1000億円)と前年同期の311億ドル(約3兆1000億円)を下回った。iPadとMacも落ち込んだ

同社は新型コロナウイルス(COVID-19)の高まる脅威による週末需要の落ち込みをすでに警告していた。今年2月Appleは、パンデミックが世界のサプライチェーンと中国の需要の両方に影響を与えるだろうと指摘した。「中国の全直営店舗と多くの提携店が閉鎖している。開いている店舗も営業時間を短縮しており、来店数は非常に少ない」と当時アップルが語っていた。

関連記事:アップルのQ2売上は新型コロナの影響で対前年比横ばい

中国の生活面は平常に戻ったが、ウイルスは世界のほとんどの部分に大打撃を与えている。アップルの拠点である米国は、新型コロナ感染者数で世界最多を続けている。

CEOのTim Cook(ティム・クック)氏が、第3四半期のガイダンスを発表しなかったが、プレスリリースでは力強い言葉を使ったのも当然だろう。「新型コロナによる前例のない世界的影響にも関わらず、サービス部門は史上最高、ウェアラブルは四半期最高の売上を達成してアップルが今四半期に成長できたことを誇りに思う」。

ウェアラブルは実際伸びている。この部門にはHomePodなどのホームアクセサリー製品も入っており、前期の51億ドルから63億ドルに増えた。強力なApple WatchとAirPods製品群のおかげで成功は続きそうだ。サービス部門も115億ドルから133億ドルへと順調に伸びている。自宅で過ごす時間が増えている今、Apple MusicやApple TV+などのサービスにユーザーが目を向けることが期待できるのでこの分野は安定している。

関連記事:次期iPhoneの発売は新型コロナの影響で1カ月遅れか

スマートフォンの未来は依然として険しい。最近同社はiPhone SEを発売して、1000ドルを超える値札にたじろいでいた消費者にアピールした。もちろんアップルだけではない。ここ数年スマートフォン業界全体が打撃を受けており、それは新型コロナがやってくるずっと前からだ。

アップルも他社も、5Gの到来による需要増に期待していたが、パンデミックのおかげですべてが宙に浮いている状態だ。5G iPhoneの発売もサプライチェーン問題によって1カ月遅れになる可能性がある。

画像クレジット:Getty Images

新型コロナウイルス 関連アップデート

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook