電子たばこの使用習慣データを収集するデバイス「PuffPacket」

次の記事

FacebookがGoogleフォトへの書き出しツールを米国とカナダで提供開始、日本でも利用可能

電子たばこは論争の的になっている習慣だ。明らかにマイナス面がある。しかし、裏付けに乏しいがすばらしい禁煙補助品でもある。つまりどんな人が、いつ、どれくらい利用するのか、その他詳細を行動科学者がさらに把握するまで、電子たばこの使用は謎のままということになる。そこでPuffPacketの登場だ。

コーネル大学のエンジニアがデザインしたPuffPacket(パフパケット)は、電子たばこに取り付ける小さなデバイスで、使用を正確に測定し、後にユーザーや研究者が使用状況を確認できるよう情報をスマホのアプリに送信する。

一部の電子たばこデバイスには既に似たようなものがセットされている。カートリッジが少なくなっていることや、一定の使用量に達したことをユーザーに知らせるためだ。しかし一般に、電子たばこの習慣を研究するときは、専用のアプリではなくユーザーの自己申告に頼っている。

「電子たばこの使用習慣を継続して客観的に理解する手段がなく、PuffPacketの開発に至った。PuffPacketは電子たばこ使用の適切な測定、モニタリング、追跡、記録ができる。ユーザーの位置や行動のデータと自己申告から推論するものではない」と開発を主導した博士課程の学生Alexander Adams(アレクサンダー・アダムス)氏はコーネル大学のニュースリリースで述べた。

PuffPacketはマウスピースとヒーティング部分の間に取り付けるもので、さまざまな電子たばこデバイスで使える。ユーザーが息を吸うと電子たばこのサーキットがオンになるが、同時にPuffPacketもオンになる。ボルテージをチェックすることで、PuffPacketはどれくらいの液体が蒸発しているのかを把握でき、使用時間やタイミングといったよりシンプルなこともわかる。

ロケーションやアクティビティがいかに電子たばこの使用とつながっているのかを示すリアルデータの例。

データはBluetooth経由でスマホに送信される。そこにユーザーのロケーションや活動、その他のメタデータといった情報が加わる。これは午後ではなく午前中に歩いているときに、あるいは食事の後ではなくコーヒーの後に、または家よりもバーで頻繁に電子たばこを使用する、といった種のパターン特定につながる。おそらく(正当な許可があれば)特定のアプリの使用も追跡できる。Instagramと電子たばこ、 ゲームの後の一服など。

こうしたパターンの一部は明白かもしれないし、他のパターンはそうではないかもしれない。しかしいずれにしても使用についてユーザーに尋ねるよりリアルデータを入手するのに役立つ。ユーザーは自身の習慣について知らなかったり理解していなかったりするかもしれないし、あるいは認めようとするかもしれない。

「いつ、どこで、どんな行動を取りながらという要素の関連を調べることは中毒性を調べる上で重要だ。研究では、いつも通る道を遠ざけることができれば、習慣をなくせることが明らかになった」とアダム氏は話している。

人々が自発的に電子たばこのスティックにデバイスをくっつけて情報を共有するとは誰も考えていない。しかしオープンソースとして公開されるデザインは、研究者らがより本格的な研究を行うのに活用できる。PuffPacketについての詳細はここで閲覧できる。

<画像クレジット: Tegra Stone Nuess / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi