新型コロナ感染拡大にもかかわらずAWSやAzureなどのクラウドベンダーは売上急増

次の記事

デザインコラボプラットフォームのFigmaが約53億円調達、新型コロナ禍でも需要増

企業のクラウドへ着実に移行し始めていたのは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響よりも前からだといってもいいだろう。それは2019年のRe:inventのキーノートでAndy Jassy(アンディ・ジャシー)氏の発言にあるように、AWSにとって十分な速さではないかもしれなかったが、それが起きていたことは事実であり、クラウドインフラストラクチャの市場全体が売上の着実な増加を経験していた。

市場の主な選手たちの至近の四半期の決算を見ると、パンデミックと経済の低迷で成長が鈍化した気配もない。むしろそれは、成長に貢献しているのかもしれない。

Synergy Researchが発表した数字によると、クラウドインフラストラクチャの全体の市場規模は2020年第1四半期で290億ドル(約3兆1000億円)である。

画像クレジット:Synergy Research

長年この市場をウォッチしているSynergyのJohn Dinsdale(ジョン・ディンズデール)氏によると、パンデミックはささやかながらその成長に貢献している。数字は伸びても企業が無傷であるわけではないが、企業がオペレーションをオフィスからシフトしていることも、第1四半期にクラウドの需要が増加した一因だと思われる。

ディンズデール氏は、声明で「確かに、パンデミックはクラウドのプロバイダーにとっても問題だが、この先の見えない時期にあってパブリッククラウドは、正常なオペレーションを維持しようとして苦労しているエンタープライズに柔軟性と避難場所を提供している。クラウドプロバイダーの売上は目を見張るほどの成長率で伸びており、AWSとAzureを合わせた年商は600億ドル(約6兆4200億円)を優に超える勢いだ」と述べている。

100億ドル(約1兆700億円)あまりの四半期売上で市場の3分の1を支配するAWSが先頭を走り、マーケットシェアでは他の追随を許さない。2位のMicrosoft(マイクロソフト)は59%という急成長を見せ、市場の18%を握っている。数字を公表しないマイクロソフトの代わりとしてSynergyの試算によれば、Azureの四半期売上は52億ドル(約5600億円)だ。一方、Google(グーグル)は28億ドル(約3000億円)で3位である。

それぞれ国内のマーケットシェアは、AWSが32%、マイクロソフトが18%、グーグルが8%だ。これらの比率はかなり安定しているが、しかしマイクロソフトはここ数四半期間に数ポイントを稼ぎ、成長率ではAmazonを上回っている。

関連記事: AWSのQ1は売上は1兆円を突破し年商4兆円超が視界に

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa