Bandcampがアーティストを支援するイベントを継続開催

次の記事

LINEがクループ通話に画面・YouTube共有機能を追加、スマホ6人、iPad9人の同時顔表示も可能に

去る3月に音楽プラットフォームのBandcampは、新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックに生活を脅かされているアーティストたちを支援するために、ある1日の収益分配の取り分を辞退すると発表した。

3月20日のイベントは430万ドル(約4.6億円)という高収益をアーティストにもたらし、同プラットフォームの新記録となった。音楽と物販の売上はBandcampが24時間に通常稼ぐ金額の15倍に上り、1秒間に11商品が売れた計算になる。

今週同社は、今後3カ月の第1金曜日に同じことを継続して行うと語った。本日米国時間5月1日と6月5日、7月3日だ。何から聞いたらいいかわからないって?私のお勧めはField WorksのUltrasonicだ。絶滅が危惧されるインディアナ州のコウモリを野外録音した音を使った魅力的で面白い環境作品だ。コウモリたちは最近の騒動を感じていないのだろうか?

お勧めがもっとが知りたい人のために言うと、今回150組のアーティストとレーベルがさまざまなかたちで参加している。アートアンドクラフト、キルロックスターズ、サブ・ポップ、サドルクリーク、マージ、マタドールといったレコードレーベルが売上をすべてアーティストに還元している。クラウド・ナッシングス、ディアフーフ、そして私のお気に入り、ザ・ホールド・ステディなどは新作をリリースした。クッキング・ヴァイナル、スフィアン・スティーヴンスらも関連慈善事業に寄付している。参加者の全リストはこちら

素敵なウィンウィンがあちこちで起きている。新しい曲を1つ聞くだけでも思いを届けることができる。

新型コロナウイルス 関連アップデート

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook