ゲーマーが本当に必要な機能を備えたチャットアプリ開発のGuildedが7.5億円を調達

次の記事

米空軍が人工衛星に侵入するハッカー募集、嘘のような本当の話

ゲーミングプラットフォームは近年、投資家のかなりの関心を集めている。ベンチャーキャピタル(VC)がコラボレーションツールに興味津々な様子も考慮すると、新たなゲーミングチャットアプリを支援しようとする動きがあるのは何ら驚きではない。

Guilded(ギルデッド)は、ゲーマーが自身のチームといつでもスムーズにつながれるよう、競うゲームやeスポーツのためのチャットプラットフォームを構築している。

現在バリュエーションが20億ドル(約2140億円)Discordは、近年あまりにも手を広げたことで、機能セットが実際には競っているゲーマーが求めているものに応えていない。ここにGuildedのチャンスがある。ゲーマーは真剣にチームとつながりたいときにはスプレッドシートに向かい、提案を作成する。

「多くのコミュニティにとってDiscordは本当に素晴らしいものだ。しかし我々はゲーマーのためのチャットを構築している」とGuildedのCEOであるEli Brown(エリ・ブラウン)氏はTechCrunchに語った。

GuildedはMatrix PartnersがリードするシリーズAラウンドで700万ドル(約7億5000万円)を調達したと発表した。 Initialized Capital、Susa Ventures、Sterling.VCも本ラウンドに参加した。Guildedは過去にY CombinatorのS17クラスに参加していた。

GuildedはDiscordよりもう少しきっちりとまとまっていて、チームやサーバーベースの構造にフォーカスしている。スケジューリングやカレンダーの機能の統合はおそらく最大の違いだろう。

テキストチャットに加え、ユーザーはインラインイベントをつくったり、書類をアップロードしたり、スクリーンキャプチャを投稿したりできる。実際にゲームをしながらアプリを立ち上げて、音声チャットでサーバー経由のコミュニケーションを取ることができる。Guildedは現在400以上のゲームをサポートしている。

他の新たなコミュニケーションツールと同様、Guildedの課題は競合するプロダクト(主にDiscordだが)を少しずつ切り崩していくこと、必要不可欠なユーザーと外部支援なしで動くサーバーを獲得することだ。

将来を見据え、このプラットフォームはゲーム操作の向上に注力している。すぐに加わったりプライベートサーバーに受け入れられるよう申し込んだりするために、ユーザーはすでにパブリックサーバーをブラウズできる。こうしたサーバーは個人のグループやチャンネルに分類することができる。Guildedは、互いに同レベルのスキルを持ったサーバーをマッチさせるためのトーナメント機能を構築中で、数カ月以内に提供を開始する。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi