2画面スマホ「LG V60 ThinQ 5G」は5Gの可能性を引き出せるか?

次の記事

ドローンから就職支援、チャリティーポーカーまでテック企業に広まる支援の輪

LGエレクトロニクスの2画面搭載Androidスマホ「LG V60 ThinQ 5G」が、ドコモとソフトバンクから5月11日に発売される。2019年10月25日にサムスンのディスプレイ折り畳み型Androidスマホ「Galaxy Fold」がauから発売されたが、LGは前モデル「LG G8X ThinQ」でセカンドディスプレイを備えたケースに本体を装着するという構造によって、高価な折り畳み対応有機ELディスプレイを使うことなく、5万5440円という驚きの低価格で同等の使い勝手を実現した。

後継モデルであるLG V60 ThinQ 5Gは、5Gの高速通信を生かす端末として、ソフトバンクだけでなくドコモからも発売される。今回は2画面スマホとしての使い勝手にスポットを当てて紹介していこう。

LGエレクトロニクスの「LG V60 ThinQ 5G」。ドコモ版は11万8008円、ソフトバンク版は13万9680円

2つのアプリの同時利用がスタンダードな使い方

本製品最大の特徴はディスプレイを備えたケース「LGデュアルスクリーン」が用意されていること。本体とLGデュアルスクリーンの両方に約6.8インチの有機ELフルHD+(2460×1080ドット)ディスプレイを搭載されており、合体させれば折り畳み可能な2画面スマホとして利用できるわけだ。

左がLGデュアルスクリーン。本体とはUSB Type-C端子経由で接続する

LGデュアルスクリーンの表面(左)には日時や通知を表示するディスプレイが用意されている

ディスプレイはそれぞれ独立したホーム画面として動作する。スワイプしても反応するのは片方だけだ

Galaxy Foldとの最も大きな違いは、2画面に1つのアプリを全画面表示させることよりも、それぞれの画面に1つずつアプリを表示させるのを基本的な使い方としていること。1つのアプリを2画面に全画面表示する「ワイドモード」という機能が用意されているが、利用できるアプリは限られている。ただし、「WideMode for LG」というアプリを利用すれば、ワイドモードに対応していないアプリも強制的に全画面表示可能だ。

LG V60 ThinQ 5Gはそれぞれのディスプレイにアプリをひとつずつ表示するのが基本の使い方だ

「表示」→「デュアルスクリーン」→「ワイドモード」で指定したアプリは、2つのディスプレイを使って全画面表示できる

Galaxy Foldと違い2つのディスプレイに大きなベゼルが存在するが、横持ちすれば行間に収まるのでそれほど気にならない

Yutaka Tsumori氏が開発した「WideMode for LG」というアプリをインストールすれば、クイック設定パネルに「ワイドモード」を追加可能となり、このアイコンをタップすれば非対応アプリも強制的に全画面表示できる。ただしすべてのアプリが正常に動作するわけではないので注意

「Kindle電子書籍リーダー」を全画面表示しても縦持ちでは見開き表示されない。写真は「ナナのリテラシー1」の1ページ(提供:鈴木みそ)

横持ちすると見開き表示できるが、絵が分割されてしまうのが難点だ

背面のカメラは約6400万画素(標準、F1.8)、約1200万画素(広角、F1.9)、ToF(Time of Flight、距離計測)、前面のカメラは約1000万画素(F1.9)を搭載。背面カメラは倍率をタップすれば1倍、2倍、0.5倍を切り替え可能で、ズームイン(ピンチアウト)操作すれば最大10倍で撮影できる。

カメラの画質は良好。発色は忠実で、強い色が入ってもホワイトバランスが大きくずれることもなかった。また望遠カメラは搭載されていないが、約6400万画素の高解像度イメージセンサーのおかげで10倍デジタルズームでも解像感が保たれる。10インチ程度の画面で鑑賞するなら十分実用的な画質だ。

ただし、夜景を撮影する「ナイトビュー」は、暗部ノイズが目立ち、白飛びする傾向が見られた。ファームウェアアップデートで画質が改善されることを期待したい。

0.5倍で撮影

1倍で撮影

2倍で撮影

10倍で撮影

ナイトビューで撮影

本製品はOSにAndroid 10、プロセッサーにSnapdragon 865 5Gを採用。メモリーは8GB、ストレージは128GBを搭載しており、最大512GBのmicroSDXCメモリーカードを装着できる。Snapdragon 865を採用しているだけにベンチマーク「AnTuTu Benchmark」の総合スコアで軽々55万を超えてきた。もしLG V60 ThinQ 5Gの処理能力に不満を感じるなら、デスクトップPCやゲーミングノートPCを買うべきだ。

「AnTuTu Benchmark」の総合スコアは554681、CPUベンチマーク「Geekbench 5」の「Multi-Core Score」は3385、3Dベンチマーク「3DMark」の「Sling Shot Extreme – OpenGL ES 3.1」のスコアは7244

強みを生かしたコンテンツの登場がカギか

2画面スマホのLG V60 ThinQ 5Gは5G回線の可能性を引き出せるか?、という点については現時点では未知数だ。メインディスプレイに競技場全景の映像、セカンドディスプレイに自由視点の映像をストリーミング再生するようなスポーツ中継コンテンツが登場すれば5G回線の高速性が役立つだろう。しかし、現時点でそのような商用サービスは始まっていない。また、いまはまだ5Gを利用できるスポットが少なすぎるので、このようなコンテンツを楽しめるのはまだ先だろう。しかし、一般的なフラッグシップ端末と同等の価格で2画面を搭載した5Gスマホがいまここにあるのだ。ぜひキャリアにはLG V60 ThinQ 5Gの強みを活かしたコンテンツをリリースしてほしいと思う。

実測348.5gと合計重量はかなり重め

端末をどちらにも折り畳めるのはGalaxy Foldなどのディスプレイ折り畳み型スマホには真似のできない優位点だ