Firefoxの最新バージョンはパスワードマネージャーを強化

次の記事

NASAがトム・クルーズの映画に協力、ISS宇宙ステーションで撮影

Mozillaが米国時間5月5日に、Firefoxのバージョン76を公開した。それによりいくつかの新機能をローンチした。このオープンソースのブラウザを前から使ってる人ならおそらく気がつくだろう。

今回のリリースの目玉は、パスワードマネージャーの強化だ。Firefox Lockwiseと呼ばれる機能は、ユーザーがブラウザの「ログインとパスワード」のページから認証情報をコピー&ペーストしようとするとデバイスのパスワードを求めるようになる。デバイスのパスワードが確認されたら、5分間だけ認証情報を見たりコピーできる。これにより、そのユーザーのマシンで他の人がパスワードで保護されたサイトにアクセスすることがやや難しくなる。自分のコンピューターを他の人とよく共有しているユーザーにとって、特にありがたい機能だろう。

Lockwiseのもう1つ新しい機能は、最近のセキュリティ事件で盗まれたパスワードと同じ弱いパスワードを使っていると警告が出ることだ。もちろん以前と同じパスワードを使うべきではない。警告はアクセスしたウェブサイトが最近ハッカーにやられて、ユーザーのIDやパスワードが盗まれた可能性があるときにも出る。

Lockwiseのパスワードジェネレーターはさらに多くのサイトで使えるようになり、文字と数字と記号を12個使ったランダムな文字列を新しいパスワードの候補としてユーザーに代わって生成してくれる。

バージョン76のFirefoxには、YouTubeなどの動画サイトで使うピクチャーインピクチャーモードの改良版がある。この機能を使うと他の仕事しながら画面の隅っこで動画を見続けることができる。ただし、ポップアップウィンドウで動画を見ているときは、YouTubeなどのサイトを閲覧することはできない。以前から画面のサイズを変えられたらいいのにと思っていのなら、今度からそれができるようになる。バージョン76では、ポップアップしているビデオの上でダブルクリックすると、全画面表示になる。ささやかだがうれしい機能だ。

アップデート: PiP(ピクチャーインピクチャー)モード自体が新しいのではない。ダブルクリックによる全画面表示が新しい。

今度のFirefoxでは、ダウンロードしなくてもそのままでZoomが使えるようになった。そしてウェブサイトを高速に描画するGPU機能WebRenderを使えるマシンが、大幅に増えている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa