自宅フィットネス増加でPelotonのQ3の決算報告は売上も会員も大幅増

次の記事

AIとのチャットでチームの悩みを可視化するメンタルケアSaaS「emol work」が正式ローンチ

コネクテッドフィットネス(インターネットに接続するフィットネス)のPeloton(ペロトン)が、ウォール街の高い期待をさらに上回った。米国時間5月6日に発表された四半期決算では、66%増の売上を記録していた。そして時間外取引では同社の株価は乱高下し、これまでの最高値よりも下に落ち着いた。

同社の四半期売上は5億2460万ドル(約557億5300万円)で、予想の4億8850万ドル(約519億1900万円)を上回った。同社の一株あたりの損失は0.20ドルになった。会員数はQ2の200万人からQ3は260万人になり、前期比で30%の増加となった。3月に同社は、エクササイズバイクやトレッドミルなど同社のハードウェアと結びつかないデジタル会員の無料試用期間を30日から90日に増やした。同社のコネクテッドバイクは2245ドル、トレッドミルは4295ドルだ。

Pelotonは、新型コロナウイルス(COVID-19)が商機となった数少ない上場企業の1つだ。ジムが閉鎖し、屋内避難が行政の命令だから自宅の室内でフィットネスに励む人が増えたのだ。Pelotonは売上が増えただけでなく営業マーケティング経費も53%増えて、Q3では1億5480万ドル(約164億5200万円)になった。

同社にもネガティブな影響はある。ショウルームの閉鎖を余儀なくされたほか、専用スタジオでのライブのクラスも中断した。最近同社は、インストラクターの自宅からのエクササイズクラスを、ユーザーのコンピューターやスマホの画面にライブでストリーミング配信している。

しかし投資家にとっての疑問は、パンデミックの収束後にどうなるかだ。同社のハードウェアを買って使っているユーザーは逃げ出さないだろうが、ウォール街が気にするのは、無料試用のユーザーの何割が今後実買ユーザーになるかだ。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa