救急車を呼ぶとiPhoneやApple Watchが病歴やアレルギー情報を通信指令員に伝える機能

次の記事

Visual Studioベースの完全クラウド開発環境GitHub Codespacesが登場

911(日本なら119番)に電話したとき、対応した通信指令員が知っておくべき病歴をあなたはわかっているだろうか?薬剤アレルギーや現在服用している薬などだ。

iPhoneとApple Watchでは、本人が選択した場合にこの情報を自動的に指令員に送れるようになる。

ユーザーがこの機能を有効にした状態で911を呼ぶと、Apple(アップル)は指令センターの位置を確認して「Enhanced Emergency Data」(拡張緊急データ)に対応しているかどうかを調べる。これはアップルが数年前に開発したサービスで、救急センターに発信者の場所を伝えるしくみだ。対応していれば、ユーザーのメディカルID情報(「ヘルスケア」アプリで設定する)が救急サービスに通知される。

この仕組みはApple Watchの転倒検出機能とも連動しており、ユーザーが転倒して動けないことを検出すると自動的に911を呼び出す。新機能は米国時間5月6日午前に公開されたiOS 13.5ベータに導入され、アップルによると「数週間以内」に一般公開するとのこと。

これは極めて理にかなった機能であり、まず間違いなく命を救うだろう。人は911に電話したときに冷静でいることはめったになく、ほとんどの人は意識を失いかけているときに「ところで私は○○の薬剤にアレルギーがあります」と言おうなどとは考えない。それは指令員が知るべきことなのだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook