外科手術をAIが視覚化して手術ミスを減らすActiv Surgical

次の記事

AIとクラウドソーシングでコンテンツ監視のコストを減らす「Posmoni」公開

2500万ドル(約26億6000万円)の資金調達と3年の開発期間を経て、ボストン拠点の医療機器ソフトウェア開発会社のActiv Surgical(アクティヴ・サージカル)が米国時間5月6日に初の製品を市場に出した。

同社のプラットフォームであるActivEdge(アクティヴ・エッジ)は、既存の手術用機器に後付けするハードウェアアタッチメントから得たデータを使う人工知能・機械学習ソフトウェアシステムだ。知識情報やビジュアル情報をリアルタイムに提供することで患者の治療成果を高めることを目的としている。同システムと関連製品は当初米国内のみで提供されるが、来年には世界各地に提供範囲を拡大する予定だ。

「未来の手術は共同作業であり、人間の判断と見識をロボットの正確性で補強する」とチーフサイエンティストのTodd Usen(タッド・ウーセン)氏が声明で語った。Activのソフトウェアは、米国内だけで年間40万人の命を奪っている医療ミスを避けるために外科医を手助けすることを目的としている。回避可能な医療ミスは、心臓発作とガンに続く3番目の死因であり、そのうち26%は手術ミスが原因だ。犠牲者の数はもちろん、医療ミスは費用の犠牲も大きく、米国内の医療機関は年間約360億ドル(約約3兆8300億円)の出費を強いられている。

当初Activ Surgicalは、自社のテクノロジーを米国で最も多い220万件実施されている腹腔鏡手術に適用される予定で、胆嚢摘出術、結腸切除術、子宮摘出術、胃切除術など血管走行と(損傷すると致命的な)注意すべき解剖構造の特定が最も重要な症例を対象とする。

「手術における視覚化技術の革新は長い間起きていない。最も広く導入されている手術画像プロセスであるICGは70年以上前に発明された蛍光染料を使用しており、手術中の外科医がもっとも必要としている時にリアルタイムで客観的な生理学情報を提供できない」とActiv Surgicalの共同創業者でチーフ・サイエンス・オフィサーのPeter Kim(ピーター・キム)博士が声明で語った。

同社のハードウェア・テクノロジーは、既存のビジュアル化システムと連携して、リアルタイムデータや新しいビジュアル情報を手術環境に提供する。このつながったプラットフォームは腹腔鏡手術および関節鏡手術システムに接続できる。新しいシステムはまだFDA(米食品医薬品局)の認可を取得していないが、現在米国内8つの病院ネットワークでパイロットテストが行われている。

ハードウェア製品だけでなく、Activ Surgicalは外科医により詳細なデータとビジュアル化を提供するソフトウェア・ツールも開発している。ActivInsightと呼ばれるその製品は現在開発中だと同社は語った。

「我々は医師が現在見ることのない新しいビジュアルデータを提供しようとしている」とウーセン氏はインタビューに答え、「病院にある既存の内視鏡に付加して手術のビジュアル化を強化する小さなモジュールの開発方法を見つけた」と語った。

同氏はこの装置を、究極的には外科手術へのロボティクスの統合を拡充するテクノロジーになると考えている。「我々が求める間違いのない手術を実現するために、自律ロボットの利点を生かし手術の主流にすることで、コンセプトを証明したい」と同氏は話した。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook