約2万円でプロ並の性能を楽しめる万能マイク「Rode Wireless GO」、新色と付属アクセサリーでさらに進化

次の記事

テスラ工場の再稼働阻止を受け「本社と将来の事業基盤をカリフォルニアからテキサスかネバダに移す」とマスク氏

オーディオ業界をリードするRode(ロード)は、移り変わりの激しいクリエイター業界のニーズに常に対応し、YouTuber、ポッドキャスター、InstagramやTik Tokなどのメディア通に多数の新製品を申し分ない価格で提供し続けている。Rode Wireless GOのマイクシステムは、その中でも最もすばらしい製品と言えるかもしれない。報道のプロが使用していたような高価なワイヤレスのマイクパックシステム相当の品質を備えた製品が、199ドル(約2万1000円)という非常に魅力的な価格で大衆向けに提供されている。設定や使用法も実に簡単だ。今回同社は、Rode Wireless GOの新バーションであるホワイトと、すでに柔軟性に優れた同オーディオデバイスにさらなる汎用性をもたらす新たなアクセサリーを発表した。

著者はWireless GOが発売されて以来のファンであり、これまでにオリジナルのブラックバージョンをさまざまな場面で使用してきた。ホワイトバージョンは、オリジナルの優れた点を損ねることなく、薄い色の服を着用した際のビデオ撮影に適したライトカラーオプションを提供する。Wireless GOに馴染みのない読者のために説明しよう。この製品はトランスミッターとレシーバー(背面には衣服に取り付けるためのクリップ付き)の2点セットで、それぞれUSB-C経由で充電が可能。防風マイクマフ、充電ケーブル、3.5mmオーディオケーブル、持ち運びケースが付属する。

トランスミッターとレシーバーは同期されているため、電源を入れるだけで簡単に使用開始できる。トランスミッターにはマイクが内蔵されており、首元に取り付ければすぐに音を拾って飛ばすことができる。レシーバーパックはデジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラのコールドシューマウントに簡単に取り付けできて、付属の標準オーディオケーブルをカメラのマイクインプットに接続すれば直接録音が可能だ。

Rode Wireless GOのUSB-Cポートはオーディオアウトプットとしても機能するため、USB-CヘッドセットやUSB-C-3.5mmアダプターを使用してパックから直接音声をモニタリングすることもできる。トランスミッター側には3.5mmインプットがあり、ラベリアマイク(またはその他のマイク)を接続してオーディオシステムをさらに向上させることができる。ラベリアマイクといえば、Rodeは独自のLavalier GOラペルマイクの新バージョンであるホワイトを展開しており、これも高品質のサウンドを生み出す、手頃な価格のすばらしい製品だ。以下では、GO本体からの直接の音と、トランスミッターに接続されたLavalier GOを使用したサンプルの両方を比べて聞くことができる。

Wireless GOは汎用性が高く、幅広い用途で活躍してくれる。たとえばビデオ会議に使用するために、著者のメインの仕事用MacのUSBオーディオインターフェースに接続しておく。会議の時間になり電源を入れるだけで、こちら側のこもったような低品質の音が解決し、相手はとても聴きやすくなるわけだ。外出先でもWireless GOはポッドキャスティングにうってつけのオプションだ。ワイヤレスイヤフォンやデバイスの内蔵マイクと比較してはるかに優れたサウンドを提供してくれる。その上、同様に高品質のほとんどのUSBマイクと違い同製品はきわめてポータブルである。

Rodeは今回のローンチと同時に複数のアクセサリーも発表。さらに多くの用途に対応できるようになった。たとえばThe Interview GOアダプターを使用すれば、トランスミッターを手持ち式のマイクグリップに取り付け、風音や破裂音を減らすフォームフィルターを装着させてスティックマイクに変身させることができる。つまり、通行人のカメラインタビューや、多くの報道陣が殺到する現場での取材に参加する際に持ち運ぶマイクが1つ減らせるというわけだ。

Rode Wireless GOのトランスミッターを、話し手の衣服のどこにでも簡単に取り付けることができる新しい磁石式クリップアタッチメントも用意されており、これで首元や裾に留める必要がなくなる。これはどんな服装にでも柔軟に対応できるという点で非常に革新的で、装置の写り込まないクリーンなビデオショットが撮りたい場合に活躍する。

同社のWireless GOは、他のオーディオアプリケーションで役立つ裏技も持ち備える。たとえば、ヘッドフォンセットに使用するとレイテンシフリーのワイヤレスコンバーターとして機能する。トランスミッターの3.5mmポートにインプットを接続し、ヘッドフォンセットをレシーバーに接続すれば完成だ。

どの観点から見てもまったく妥協のない、万能なマイクシステムを見つけるのは至難の技ではあるものの、Rode Wireless GOはこの価格帯で得られる比類なき完璧なマイクと言っても過言ではない。Go本体は199ドル(約2万1000円)、Lavalier GOは79ドル(約8400円)である。トランスミッター用の磁石式クリップのMagClipは19ドル(約2000円)で、手持ち式マイクアダプター、Interview GOは29ドル(約3000円)だ。

関連記事:

Category:ハードウェア

Tags:Rode Rode Wireless GO ポッドキャスト

[原文へ]

(翻訳:Dragonfly)