The Engine
蓄電技術
Great River Energy
From Energy

1MWの電力を150時間供給できる長時間持続蓄電技術を米国ミネソタ州第2位の電力会社が導入へ

次の記事

AI搭載型クラウドIP電話「MiiTel」開発のRevCommが8億円調達、海外進出を目指す

グリッド用に長時間持続しつつ超低コストの蓄電技術を開発しているForm Energy(フォームエナジー)は、米国ミネソタ州に本拠を置くGreat River Energy(グレートリバーエナジー)とのパイロットプロジェクトの開発に向けて契約を締結した。

ミネソタ州第2位の電力会社であるGreat River Energyのミネソタ州ケンブリッジの施設が、バッテリー技術を開発するスタートアップによる長時間持続蓄電技術の最初の商業展開になるわけだ。

From Energyの蓄電池システムは、1MWの電力を150時間供給できる点が重要だ。ほとんどのグリッドスケールストレージプロジェクトで現在使用されているリチウムイオン電池を凌駕する。リチウムイオン電池システムは2〜4時間持続する。

電力供給時間が徐々に伸びれば、電力貯蔵施設がピーク時のみ稼働する発電所に取って代わることができる。そうした発電所はグリッドからの需要への調整弁となっており、石炭と天然ガスに頼っている。

「長時間持続する蓄電ソリューションは、大規模配備されている従来の蓄電池システムとは一線を画し、クリーンな電力システムにおいてまったく異なる役割を果たすだろう」と低炭素エネルギーシステム工学を研究するプリンストン大学のJesse Jenkins(ジェシー・ジェンキンス)助教授は声明で述べた。「リチウムイオン電池は急激な出力増大に対応できるが、数時間で電力が枯渇する。何日も出力を維持できる真の低コストの長時間蓄電ソリューションは、風力と太陽光発電の欠点を補うことになる。その欠点のために化石燃料による発電が必要とされてきた。こうした技術が、信頼性が高く手頃な価格の100%再生可能電力システムを現実のものにする可能性がある」。

4900万ドル(約54億円)を超えるベンチャーファイナンスに支えられてきた。投資家には、MITの投資ビークル「The Engine」、イタリアのエネルギー会社Eni Spaのベンチャーキャピタル部門であるEni Next、Bill Gates(ビル・ゲイツ)氏の持続可能性投資会社であるBreakthrough Energy Venturesなどが名を連ねる。Form Energyは「水系空気」蓄電池システムという新しい蓄電技術を開発した。

「Form Energyにおける我々のビジョンは、再生可能エネルギーの力を解き放ち、独自の長期貯蔵技術でグリッドを変革することだ。このプロジェクトは、信頼性を犠牲にすることなく、手頃な価格で再生可能な未来のビジョンが実現可能であることを証明するための大胆な一歩だ」とForm Energyの最高経営責任者であるMateo Jaramillo(マテオ・ジャラミロ)氏は声明で述べた。

電力会社に対するFormのセールスポイントは、革新的な蓄電技術にとどまらない。独自のアナリティクスソフトウェアを使用して電力会社を診断し、電力ポートフォリオを最適化する。このソフトウェアは、システムレベルで高い普及率の再生可能エネルギーをモデル化して、蓄電池を再生可能エネルギーとどう組み合わせれば低コストで電気を作ることができるのかを分析し、発電会社により良いリターンをもたらす方法を理解するために開発された。

「Great River Energyは、この重要なプロジェクトでForm Energyと提携できることをうれしく思う。送電網を流れる再生可能エネルギーがますます増える。商業的に実現可能な長時間持続する蓄電池は、再生可能エネルギーによる電力が常に利用可能になるよう保証できれば、信頼性を高めることができる。こうした蓄電池は、極端な気象条件が数日間続くようなときに特に重要性を増す。長時間持続する蓄電池はまた、不安定なエネルギー価格に対する優れたヘッジとなる」とGreat River Energyの副社長兼最高電力供給責任者のJon Brekke(ジョン・ブレッケ)氏は声明で述べた。

両社の声明によると、今回のプロジェクトをForm Energyの蓄電システムの第1号案件とし、さらに展開していく予定とのことだ。

画像クレジット:Yagi Studio / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi