赤ちゃんの睡眠モニターカメラとウェアラブルを販売するNanitが22.5億円を調達

次の記事

激戦区の中国オーディオコンテンツ市場に社運を賭けるTencent Music

新型コロナウイルス感染拡大でベンチャーの資金調達は全面的に不調だが、その中にあって、機械学習を活用したベビーモニターを開発しているNanitは2100万ドル(約22億5000万円)を調達した。

このラウンドには、これまでにも投資していたJerusalem Venture PartnersUpfront VenturesRRE Ventures、Rho Capital Partnersが参加した。同社の資金調達額の合計は5000万ドル(約53億7000万円)となった。Nanitは、今回調達した資金で引き続き製品を開発し、グローバルに拡大していくと述べた。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために社会的距離をとるよう求められていることが、Nanitにとってはビジネスを急加速させる要因となっている。Nanitの調べによれば、赤ちゃんの祖父母やおじ、おばのいる家族が同社のアクティブユーザーの20%を占めている。

NanitのCEOのSarah Dorsett(サラ・ドーセット)氏は、ほかの投資家に打診したりあちこち回ったりすることなく今回の資金を調達できたと語る。同社はこれまでに15万台以上のカメラを販売し、30万人以上のユーザーが同社のアプリを使って乳児や1歳児をリモートで見ている。

睡眠モニター兼ビデオデバイスの価格は、壁に取り付けるタイプのカメラが299ドル(約3万2000円)、フロアスタンドタイプが379ドル(約4万700円)だ。現在、Nanitはモニター用デバイスを米国、カナダ、英国で販売している。

同社のアプリは最初の1年間は無料、その後は1カ月5ドル(約535円)で3人まで接続できる。1カ月10ドル(約1070円)で10人、1カ月30ドル(約3220円)で50人まで接続できるオプションもある。新製品として、ウェアラブルで呼吸をモニターするバンド、おくるみ、スリーピングバッグも19.99〜59.99ドル(約2150〜6440円)で販売している。

赤ちゃんの動きのフィードをライブで共有するだけではない。ドーセット氏によれば、赤ちゃんが笑ったりベビーベッドの中で動き始めたりしたときに記録する新機能の公開に向けて準備をしている。

ドーセット氏は発表の中で次のように述べた。「我々は2018年以降驚異的な成長を記録し、最新の資金調達は革新的なコンシューマ製品の市場における信頼と需要の現れだ。子供の誕生は、親だけでなく家族みんなにとって人生で最も重要な出来事だ。家族がどこにいても、我々のテクノロジーで家族をつなぎ、この新しい大切な道のりを共有できることを幸せに思っている」。

前述の呼吸をモニターするウェアラブルはBreathing Wearと名付けられたシリーズで、赤ちゃんの肌にセンサーを取り付けるのではなく、布にプリントされたパターンを読み取って呼吸の動きを監視する製品だ。

RRE Venturesのゼネラルパートナー、Will Porteous(ウィル・ポーテアス)氏は発表の中で「Nanitは、赤ちゃんを寝かしつけるという古くからの問題を解決している。同社の製品によって、我々は『ベビーベッドの中の生活』についての理解を深め、育児の喜びを家族で共有できる。同社は驚異的なプロダクトマーケットフィットを成し遂げ、同社が健康とウェルネスに関する家族や医師のさまざまな不明点を解決する立場にあると我々は確信している」と述べた。

画像:Nanit

[原文へ]

(翻訳:Kaori Koyama)