SpaceXがCrew Dragonの宇宙ステーションとのドッキングを体験できるシミュレーターを公開

次の記事

PTSDになったFacebookのコンテンツモデレーターに補償金総額約56億円が支払われる

SpaceX(スペースエックス)はブラウザーペースの新しいシミュレーターを公開した。同社初の有人宇宙船であるCrew Dragon(クルードラゴン)のドッキング過程を手動で操作するのがどんなものかを体験できる。実際には、Crew Dragonは全自動で国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングするが、宇宙飛行士は必要になったときに代って手動で操作する。このシミュレーターは「その際に宇宙飛行士が使用する「実際のインターフェース」を再現している」とSpaceXは説明している。

ドッキングのユーザーインターフェースは、宇宙飛行士がCrew Dragon搭乗時に使う実際のUIとしては、驚くほどシンプルだ。まるでiPhoneやiPadのスペースシミュレーターでバーチャルコックピットに出てきそうだが、Crew Dragonに搭載されている制御装置や情報ディスプレイのほとんどがタッチスクリーンなので、それも当然かもしれない。

方向指示ボタンが両側にあり、カプセルの方向および垂直、水平位置を調整できる。いずれも動きの大小を切り替えられる。中央の照準器がそれぞれの制御の動きをフィードバックするので、特にガイドがなくても自分で制御方法を理解するのは比較的簡単だ。簡単なヘルプ機能が、メインのゴールは照準器に出てくる数字を全部グリーンにすることだと教えてくれるが、それ以外でドッキングを成功するためにいちばん必要なのは忍耐だ。

気分転換の楽しい方法であることが主目的だが、宇宙船制御におけるSpaceXの人間中心のインターフェースデザインのアプローチを直に体験できる稀有な機会でもある。これは、NASAのアボロ計画やスペースシャトル計画のアーカイブ映像に見られるインターフェースとは大きく異なり、タッチスクリーンデバイスがどこにでもある現代の影響を明らかに受けている。

有効性の証明は、システムがどの程度パイロットがドッキングに成功するところを正確に描写しているかによるが、せっかくなので、うまくドッキングできるかどうか自分で試してみてはいかがだろうか?NASAのJames Bridenstine(ジム・ブライデンスタイン)長官は一度目の挑戦で成功したと言っているが、彼は元空軍パイロットなのでゼロから初めたとは言い難い。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook