ライブ配信アプリ「17 Live」を運営する台湾拠点のM17が約28億円を調達

次の記事

Instagramがネットいじめ対策機能を追加、タグやコメントの管理が可能に

台湾を拠点とする、ライブストリーミングエンターテイメントのスタートアップM17は、2650万ドル(約28億円)のシリーズD調達を行ったことを発表した。このラウンドはVertex Growth Fundが主導し、Stonebridge Korea Unicorn Venture Fund、Innoven Capital Singapore、加賀電子、そしてASE Global Groupが参加した。

調達した新しい資金は、M17の主要市場の1つである日本での成長と、米国および中東を含むその他の地域への拡大に使用される。

資金調達に伴う同社の発表によれば、新型コロナウイルス(COVID-19)の大流行の中で、より多くのユーザーがライブストリーミングアプリにログオンして、楽しむようになっているという。さらに、ライブストリーミングアプリ「17 Media」(日本では「17 Live」)とUnicorn Entertainmentという名のタレントエージェンシーを擁するM17は、過去数カ月間で記録的な数のアーティストとユーザーが登録したことを付け加えた。

17 Mediaを使うことで、コンテンツ作成者はアプリ内ギフトやソーシャルコマースを通じて収益を得ることができる。1月に同社は、3万人の専属コンテンツクリエーターのために5億ドル(約535億円)を超えるバーチャルギフトを処理したと発表した。

M17は、2年前にはニューヨーク証券取引所に上場する予定だったが、2018年6月にIPOをキャンセルし、引き続き非公開のまま資金調達を続けることを決定していた。

Vertex GrowthのマネージングディレクターであるTam Hock Chuan(タム・ホック・チュアン)氏は声明の中で「私たちはM17が市場で占める優位なポジションと、日本、台湾、そして香港における力強い成長の継続に注目しています。M17のユニークな価値提案と、戦いを勝ち抜いてきた経営陣によって、同社は次の成長フェーズに向けて十分に準備が整っているのです」とコメントしている。

画像クレジット: d3sign (opens in a new window)/ Getty Images

原文へ]

(翻訳:sako)