Google Chromeにタブ整理に役立つラベル・カラーコード機能が加わる、絵文字での分類も可能に

次の記事

アマゾンが新型コロナ禍の便乗値上げ禁止の法制化を米議会に求める

Google Chrome(グーグル・クローム)に、開いているタブを整理しやすくする新機能が加わる。グーグルは米国時間5月13日、ベータバージョンのChromeに「タブグループ」を追加したことを発表した。タブにラベルやカラーコードをつけられるようになり判別しやすくする。一般向けリリースにも来週から導入される予定だ。

新機能を使うには、タブを右クリックして「Add tab to group」(新しいグループに追加)をクリックする。その後は、作ったグループにタブを移動したり、新しいグループを作ることが可能で、グループにも名前とラベルをつけられる。

同社は今回の公開に先立って数カ月前からこの機能をテストしており、この機能を発見したという報告もあった。過去の調査によると「多くの人が作業中のプロジェクトやショッピング、レビューサイトなどのトピック毎にタブを分類していることがわかった」とグーグルは説明している。

しかし、タブを緊急度で分類する人たちもいる。「ASAP」「今週中」「あとで」などだ。タブグループは「進行中」「要フォローアップ」「完了」など作業の進捗状況を把握するためにも使えるとのこと。そして、ミニマリスト派の人のために、タブグループのラベルには絵文字も使える。

タブの開きすぎは、インターネットを長時間使う人に共通する問題だ。仕事であれ学業、研究、オンラインショッピング、単なるネットサーフィンでも変わらない。タブはあとで必要になるものとともに溜まり続ける。もちろん、永久コレクションに入れるタブは固定して閉じなくすることもできるが。

「多すぎるタブ」問題の蔓延をよそに、グーグルはChromeユーザーに解決策を提供してこなかった。その結果、サードパーティーがタブ管理ツールを開発。OneTab(ワンタブ)、Workona(ワークオナ)、Toby(トビー)、そのほか数多くのツールがある。

一方、競合ブラウザーは消費者の要求を取り入れたタブ管理方法を備えることで、Chrome対抗のセールスポイントにしている。例えば、Vivaldi(ヴィヴァルディ)は自動タブ・スタッキングでタブの散乱を防いでいる。また、 Opera(オペラ)が2月に公開(未訳記事)した新バージョンでは、タブをさまざまなワークスペースに分類できる。

デスクトップをほぼ完全に支配しているグーグルが、ライバルに大きくシェアを奪われることをさほど心配しているとは思えない。しかし、2019年8月に71.15%だったデスクトップブラウザー市場におけるChromeのシェアは、ほかのブラウザーの参入によって2020年4月には67.15%まで下がった。同社が既存顧客をエコシステムに囲い込むために、新機能に力を入れるためには十分な動機だっかのかもしれない。

前述のように、タブグループ機能はChromeのベータ版で、今すぐ体験できる。来週公開される正式版のアップデートの際には、Chrom OS、Windows、macOS、Linuxの各プラットフォームで利用できる。

ただし同社は「Chromeの安定性と性能に影響がないことを確認するために、タブグループ機能を徐々に展開していく」と説明しているので、この新機能を早く使いたくてウズウズしている人は、ひとまずベータ版に切り替えるのがいいかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook