RocketLabが月や火星、金星を探査する次期宇宙船に搭載する新エンジンをテスト中

次の記事

Google Pixel開発チームから二人の主要エンジニアが離脱、チーム内の争いが原因か

Rocket Lab(ロケット・ラボ)は、次期宇宙船のPhoton Lunar(フォトン・ルナ)に搭載する新しいエンジンのテスト段階に入っていると、創業者でCEOのPeter Beck(ピーター・ベック)が明かした。同氏は 、同社のエンジン開発チームによってテストが勧められているhyperCurieと呼ばれるエンジンの画像を公開した。

hyperCurieはその名前が示すように、現在Rocket Labがミッションに使用しているElectronロケットの第3段と、Photon(フォトン)宇宙船(衛星バス)に搭載されているCurieエンジンを進化させたものだ。hyperCurieはRocket Labが開発中の新しい宇宙船であるPhoton Lunar に搭載され、月や火星、金星、さらにはその先まで小型のペイロードを運ぶ。

Rocket Labは今年2月、NASAに代わって月にペイロードを打ち上げる契約を獲得しており、NASAや他の顧客のために、月周回軌道や他の深宇宙の目的地へと小型衛星を投入する機会の増加を見据えていることは明らかだ。NASAの月探査ミッションは長期的な有人ミッションのための重要な要素である、月周辺にLunar Gatewayと呼ばれる軌道ステーションを建設し配置するという、NASAの最終目標の前段階になるだろう。

ベック氏は今月初めにPhoton Lunarの詳細なワイヤーフレームの概略図を公開したが、その中にはhyperCurieエンジンを搭載した宇宙船が描かれていた。hyperCurieは圧力式のCurieとは異なり、電動ポンプを採用することで性能を向上させ、より多くの推力を発生させる。

Rocket LabによるNASAのための月着陸ミッションは、現在のスケジュールによれば2021年に実施される予定であり、このエンジンがすでにテスト段階に入っているのは順調ということだ。

原文へ

(翻訳:塚本直樹 Twitter