Messenger Rooms(製品・サービス)

FacebookがZoom対抗のグループビデオチャット「Messenger Rooms」を世界展開へ

次の記事

Uberがドライバーと乗客に5月18日からマスク着用を義務付け

Zoomはもともとソーシャルネットワークとなることを目指したアプリではなかった。しかし企業がリモートワークを余儀なくされ、自宅から友人や家族とビデオでいっしょに過ごしたいと考える人々も急増したため、このところZoomの機能にはソーシャルな側面が強まっている。

米国時間5月14日、FacebookはZoomに対抗してスタートさせたソーシャルビデオのMessenger Roomsの公開を世界の全ユーザーに拡大する。 このグループビデオチャットはMessengerと同じく利用は無料、最大50人の参加者をサポートし通話時間は無制限だ。Messengerのビデオ機能の急速な拡大は最近Facebookグループ全体でビデオチャットのトラフィックが巨大化したことを背景にしている。またFacebookが本体とInstagramのホーム画面に「ライブ動画」のセクションを作って積極的にプッシュする成長戦略の一環でもある。

Messenger Roomsはドロップイン(随時参加)のビデオチャットだ。つまりFacebookのメンバーがMessenger Roomを作成すると友達(の一部)はニュースフィードの専用セクションやプッシュ通知で知ることができる。Facebookがこの機能を発表したとき説明していたとおり、今後はInstagramのダイレクトメッセージやWhatsAppやPortalデバイスからも参加し、通話を開始できるようになる。Facebookグループのサービスを横断するソーシャルなビデオチャンネルとなるわけだ。

現時点では、ユーザーはMessengerまたはFacebook本体のアプリから通話を開始することになる。通話先としてはFacebookアカウントを持っていないユーザーを招待することもできる。

FacebookのCEOであるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏は、最近の決算報告で、「ここ数週間でグループビデオチャットの利用時間は1000%増加した」と語っている。Facebookの本質と画面共有機能がない点を考えると新機能が企業ユースに大きくスケールアップししてZoomのビジネスの中心的部分を奪うことになる可能性は低いだろう。数ヶ月前からショートビデオやビデオチャットは業界でももっともホットな話題となっている。Messenger RoomsはZoomやTikTokなどに流れたビデオ会話を奪い返すための大規模なサービスという性格だと思われる。

関連記事:十代女子に人気の画面共有アプリ「Squad」はZ世代向けZoomを目指す

Category:ネットサービス

Tags:Facebook ビデオチャット Messenger Rooms

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook