Momentus(企業)

Momentusが4K解像度の無料衛星ライブストリーミングサービスへ衛星打ち上げへ

次の記事

コロナ後の世界、7つのシナリオ

宇宙輸送スタートアップのMomentus(モメンタス)は、英国の衛星テレビ放送会社のSen(セン)が4K解像度のリアルタイムビデオストリーミングサービスを構築するために、宇宙への輸送と展開を提供する新しい契約を提携した。Senは、個人向けに無料、開発者とサービス作成者向けにオープンソースのデータプラットフォームを介して、高品質な地球のライブビューを提供する。

米国カリフォルニア州サンタクララを拠点とするMomentusは、打ち上げ後にペイロードを移動させたい衛星会社にサービスを提供する。人工衛星の軌道を変更したり、あるいはSpaceX(スペースX)のFalcon 9のような、他のロケットに搭載されたペイロードのラストワンマイルの輸送を提供したりできる。

Momentusは軌道上での転送のVigorideを使用して、Senの衛星を軌道に乗せる予定だ。水プラズマベースの推進機のVigorideは年内に最初の試験飛行を行い、2021年までの実用化を目標としている。そして2022年にはSenのためにミッションを実施する。

Senの技術では、複数のカメラを搭載した小型衛星からの映像を提供し、最終的にはMomentusが打ち上げる最初の5機の衛星で構築されたコンステレーション(衛星システム)全体が運用される。この映像は個人がウェブやスマートフォンのアプリを介して無料で閲覧できるだけでなく、企業向けにプレミアムサービスとしても提供される予定だ。

MomentusはVigorideを打ち上げた後、2022年か2023年はArdorideと呼ばれる新バージョンの装置を計画しており、より大きなペイロードとより高い軌道への輸送、さらには月までの移動にも対応できるようになる。

関連記事:宇宙のペイロード輸送サービスMomentusがSpace Xのミッションで6スロットを購入

Category:宇宙

Tags:Momentus

原文へ

(翻訳:塚本直樹 Twitter