オンデマンド配送のPostmatesが自律ロボットの在宅オペレーターを募集中

次の記事

フランスのスタートアップAngellがSEBと提携してGPSとSIM内蔵の電動自転車の製造を開始

新型コロナウイルス(COVID-19)は経済に急ブレーキをかけた、しかし新しく生まれたある仕事は、進み続けているどころか、その速度をさらに増している。

テレオペレーション(より正確に言うなら、自律配送ロボットのテレオペレーション)は、まだ商用化プールの奥深くに潜り込めていないこの業界内のニッチな仕事である。しかし、人間が自律ロボットをリモートで監視および誘導するこの仕事が、過去数カ月間の非接触型配送へ需要の高まりとともに成長を遂げてきている。

そして図らずも新型コロナウイルスが労働力供給源を拡大したようだ。少なくともPostmates(ポストメイツ)にとっては。オンデマンド配送のスタートアップであるPostmatesは昨年、自動運転車テレオペレーション企業のPhantom Auto(ファントム・オート)と提携した。Postmatesは、Phantom Autoのソフトウェア開発キットを使用して、Serve(サーブ)という名で知られるクーラーボックス型の自律配送ロボットを、リモートで監視、誘導、または操作する。

このパートナーシップは、Phantom Autoにとっては自動運転ロボットタクシーアプリケーションを超えて、歩道、倉庫、貨物ヤードをターゲットとする物流ビジネスへ多様化しようとする取り組みの一環だ。どの分野も現在、自律運用やテレオペレーションが導入されつつある分野だ。

配送ロボットの隆盛

自動運転トラック、ロボットタクシーサービス、ならびに自動運転車技術の他の応用を公道上に展開しようとする「競争」は、新型コロナウイルスが登場するずっと以前に鈍化していた。技術者が、自動運転車テクノロジーはハンドルを握る運転手がいなくても十分安全であるということを立証するという、予想よりもはるかに困難な課題に深入りするにつれて、実配備の予定はどんどん遅れていった。資本力の乏しい小さなスタートアップの中には方向転換を図ったものもあったが、失敗した企業もあった。

そして新型コロナウイルスは、1つの例外を除いて開発をさらに遅くした。その例外とは、道路上ではなく、歩道や自転車レーンを走行する自律配送ロボットだ。新型コロナウイルスが都市、郡、州に在宅命令の発行を促したため、Refraction AI、Starship Technologies、そしてPostmatesなどのスタートアップの需要が増している。かつては新奇なものであると考えられていた自律型ロボットも、受け入れられ、求められるようにさえなったのだ。例えばNuroのR2配送ロボットは、新型コロナウイルス治療センターに転用されたカリフォルニアの2つのスタジアム周辺へ、医薬品を配送するために使用されている。

自動配送ロボットの1台を監視しているPostmatesの従業員(提供:Postmates)

新型コロナウイルスが米国に流れ込んだとき、Postmatesの幹部はこれは長い試練になるという結論に達した。同社はすでに、エンジニアリングスタッフには在宅勤務を導入していたが、テレオペレーターたちは、まだ会社のオペレーションセンターに通ってきていた。

3月中旬までには、在宅命令がサンフランシスコとロサンゼルスで発令された。どちらの都市も、Postmatesが自律配送ロボットを運用している市場だ。ほどなくPostmatesは行動を起こし、テレオペレーター(彼らの名称に従うならfleet supervisors、フリートスーパーバイザー)たちを在宅勤務へとシフトした。

「これは2週間や3週間で終わるものではないという認識を、私たちは持っていました」と最近のインタビューで語ったのは、Postmatesの特別プロジェクト担当副社長であるAli Kashani(アリ・カシャニ)氏だ。「私たちは果たせる役割に気付いたのです。実際に何かを成し遂げることができるのです」。

Postmatesは、そのServeロボットの配備を強化する決定を下した、その結果より多くのテレオペレーターが必要になったのだ。こうした自律ロボットオペレーターは、Serveボットが目的地との間を安全に行き来できるようにするために必要とされている。

Phantom Autoのソフトウェアを使用することで、Postmatesのテレオペレーターは、数千km離れた場所からロボットを監視できる。スーパーバイザーは、レストランや受取り手の近くの最初と最後の15フィート(約4.5m)でロボットを案内する場合や、混雑した道をロボットが横断するのに助けが必要な場合に介入する。

これらのロボット案内人は、いくつかの方法を使って支援する。例えば、ロボットが正しい選択をするのを助けるために、OKもしくはNGを伝えるといった単純な動作をシステムに入力できる。また、ハンドヘルドのリモートコントローラーを使用して、リアルタイムでロボットの方向を変えて加速・減速することも可能だ。

オペレーションセンターに人を詰め込む代わりに、Postmatesは技術を従業員の家に持ち込んだ。同社は、Phantom Autoの支援を受けて、自宅のワークステーションをセットアップし、管理者が接続をより効率的にモニターできるように、インターネット環境をアップグレードし、新しい標準操作手順を開発した。

カシャニ氏によれば、3月中旬に最初の在宅命令が発令された数日後には、Postmatesはテレオペレーターが自宅から働けるようにしたと言う。

考えれてみれば、新型コロナウイルスがなければこの動きは起きなかったかもしれない。通常の運用状況では、テレオペレーターはサンフランシスコとロサンゼルスにあるPostmatesの集中運用センター施設で働いていたのだ。

その仕事が従業員の家に移されたとき、Postmatesはこれまでよりはるかに大きな労働力供給源があることに気が付いた。Postmatesは、自社のオフィスから遠く離れた場所に住む労働者や、自宅からの移動が困難な障害を持つ人々を雇用できるようになったのだ。

3月17日のサンフランシスコでの在宅命令の発令以降、同社はテレオペレーターの数を30%増やしている。Postmatesは正確な従業員数を発表していない。

カシャニ氏は、ロボット配送への需要が不足したことはないと述べる。「この種のビジネスの制約は、どれだけ多くのロボットを製造して展開できるかだけですよ」 とカシャニは言った。そして、投入されるロボットの数が増えるほど、必要となるテレオペレーターの数も増えるのだ。

画像クレジット: Ouster

原文へ]

(翻訳:sako)