リーガルテック
hubble
GVA TECH(企業)

AI契約書レビューのGVA TECHが契約書管理サービスのHubbleと提携、オンラインでの契約締結までを一気通貫で

次の記事

AIがプレゼントを提案するギフト特化型モール「Giftmall」が15億円を調達

企業向けのAI契約書レビュー支援サービス「AI-CON Pro」(アイコン・プロ)を開発・提供するGVA TECH(ジーヴァテック)は5月18日、契約書の管理・共有サービスを開発・提供するHubble(ハブル)との提携を発表した。両社の提携により、契約書の内容確認(レビュー)はもちろん、交渉内容や契約書のバージョン管理、電子サインによる締結までの契約書審査業務のフローをオンラインでワンストップ提供可能になる。なお、電子サインには別途契約が必要だが、弁護士ットコムが提供しているCLOUDSIGN、もしくは米国のDocuSign(ドキュサイン)が提供しているDocuSignを利用可能だ。

契約書のレビューから契約の締結までの流れは以下のとおり。

  1. 相手企業から自社の営業担当にひな型がメールで届く
  2. 自社の営業担当がHubbleを使用して法務部に契約書のレビュー依頼をする
  3. 自社の法務部はAI-CON Proを使用して「自社基準」で契約書レビューをする
  4. 自社の法務部はHubbleを使用して営業担当に返答する
  5. 自社の営業担当はメールで相手企業に返答して交渉(2〜5を繰り返す)
  6. 契約合意が取れた内容を法務部から電子サインで締結する

なお両社は今回の提携で生まれたサービスついて6月4日13時からオンラインセミナーを開催予定だ。