サムスンの社内インキュベーターC-Labの注目作品、手書きテキストのデジタル化や人工日光でビタミンD生成など

次の記事

グーグルが老人ホームで簡易UI版Nest Hub Maxをテスト中

Samsung(サムスン)の社内インキュベーターであるC-Labで最近作られたハードウェアが、なかなかおもしろい。これまでの卒業生はスマートベルトや拡張現実など、さまざまなものを制作してきた。プロジェクトは常に実用的でないではないが興味深いものが多い。

このインキュベーターは今年2020年で誕生から9年半になる。最新の卒業生グループの作品も例によって多種多様で、最も印象に残るのはHylerとSunnyFiveだ。前者は「スマートハイライター」で、手書きのテキストをデジタル化する。その情報をインターネットに接続されたモバイルデバイスに送るとHylerアプリに保存され、簡単に検索で探せるようになる。

  1. sam1

  2. sam2

  3. sam3

  4. sam4

  5. sam5

  6. sam6

  7. sam7

  8. sam8

SunnyFiveは、ちょっとデストピア的な作品だ。「窓の形をしたデバイス」は人工の日光を生み出し、地下室といった窓のない環境でビタミンDを作れるようになるなど、本物の日光の利点をもたらすことができる。要するに窓型の日光浴療法器具で、本物の日光にように日焼けや皮膚への害がないことがウリだ。

さらにワークブックの間違った答えを指摘する学習サービス「Haxby」や紫外線露光センサー「RootSenso」、3D効果を作り出す「Blockbuster」などもリストアップされている。サムスンは今後5年間、彼らの支援を行う。

関連記事:SamsungはCESでC-Lab生まれのスタートアップ3社を‘展示’…子どもの電子玩具とスマートスキンケアだ

Category:ハードウェア

Tag:サムスン ガジェット

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa