英国のエンジェル投資家はロックダウン中も活動的だがスタートアップの資金調達は急ぐ必要がある

次の記事

ファーウェイが米国による新たな妨害の悪影響を懸念

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック下における、英国のエンジェル投資家の投資戦略に関する調査によれば、エンジェル投資家の65%以上が、ロックダウン中でもスタートアップへの投資を続けていることがわかった。ただしその内容は新規取引が中心となっている。多くの投資家が取引数を増やし、投資額も18%ほど増加しているのだ。

しかし、このパンデミックはエンジェル投資家が2020年に投資する総資金を61%も減らし、投資家の60%弱は、新型コロナウイルスが2020年の残りの期間に投資する能力に悪影響を与えると考えている。 TechCrunchがその調査開始を独占的に記事(未訳)にした後、2週間のうちに250人を超えるエンジェル投資家が調査に答えた。

これらは、新しい英国組織であるActivate our Angels(AoA)によって実施された調査だ。この組織は、今週中に開始される予定であるスタートアップのための英国政府のFuture Fundと同時に立ち上がった。なおFuture Fundは、エンジェル投資家やシードステージのスタートアップのニーズには不十分だと批判されてきている。

AoAは、2019年に買収されたGiveMeSportの元CEOで共同創業者のNick Thain(ニック・タイン)氏が立ち上げた組織。さらに、7percent Ventures、Forward Partners、Portfolio Ventures、ICE、Foundrs、Punk Money、Humanity、Culture Gene、Barndance、Bindi KariaそしてStakeholderzの代表者が参加している。

AoAは、創業者がロックダウンの最中そしてロックダウン後に資金調達の意思決定を行う際に役立つ実用的なデータを提供することを目的に、2週間弱前にキャンペーンを開始した。

調査によれば、エンジェル投資家は現在投資を継続しているものの、出資希望の創業者はこうした資金を素早く確保する必要があることが示されている。何故なら調査対象となったエンジェル投資家の59%が、ロックダウンが長引くことによって将来の投資が影響を受けると答えているからだ。これは、スタートアップの調達額が25万ポンド(約3300万円)より少ない場合には、より重要になる。

さらに同調査は、エンジェル投資家が1取引あたりこれまでより18%多く投資しており、取引の頻度も2019年の1カ月の0.27取引から、ロックダウン中の過去3カ月には1か月あたり0.6取引と122%以上に増えていると結論付けている。

エンジェル投資家は、より長いランウェイ(長期資金余力)と収益力のあるビジネスを求めているが、目にしているのはバリュエーションの減少とより小規模なラウンドだ。

さらに調査によればエンジェル投資家が2020年に投資する資金額は、2019年と比較して61%に留まると伝えられている。これはエンジェル投資家が「ロックダウンの下で太陽がまだ輝いている間に、干し草を作ろうとしている」ことを示唆していると、調査は結んでいる。

その結果、エンジェル投資家が2020年の残りの期間に投じる資金は大幅に少なくなる。

まだ調達を済ませていないスタートアップの場合には、最初のラウンドをできるだけ早く行うべきであることを調査結果は示唆している。

既に資金を調達しているスタートアップにとっては、この差し迫ったエンジェル投資家の資金不足は、今後立ち上がる政府支援のフューチャーファンドなどの組織を、これまで以上に重要なものにするだろうと調査は述べている。

「ロックダウンの中で投資を行っていないエンジェル投資家は、現金を握ったまま新型コロナウイルスの流行が終わったことを確信できるタイミングを待っている。彼らに接触するための最良の手段は、ソーシャルメディアではなく、紹介や推薦、電子メールもしくはLinkedIn経由だ」と調査は付け加えている。

調査の結果を以下に要約する。

● エンジェル投資家の66.7%はロックダウン中でもまだ投資している
○ そのうちの77%が新しい取引に投資している
○ 既存のポートフォリオへの投資は23%に留まる

● エンジェル投資家の33.3%はロックダウン中に投資を行っていない
○ 71%が取引のレビューを行っている
○ 29%まはったく投資していない

● ロックダウン中は各取引ごとに17.6%以上多く投資している
○ ロックダウン中の1取引あたりの投資金額は2万3071ポンド(約300万円)
○ 2019年は1取引あたりの投資金額は1万9620ポンド(約260万円)

● エンジェル投資家はロックダウン中に平均1.81回の取引を完了したが、2019年全体では平均3.24回の取引を行っている
○ 2020年3月23日のロックダウン以降、おおよそ3〜4週間ごとに1取引
○ 過去1〜3カ月間は約7〜8週間ごとごとに1取引
○ 過去4〜12カ月間は3〜4か月ごとに1取引
○ 2019年は約3〜4カ月ごとに1取引

● エンジェル投資家のうち、新型コロナウイルス感染症が2020年における自身投資能力にマイナスの影響を与えると考えているのは58.1%、変化なしは27.2%そして14.7%はプラスの影響を与えると述べている

● 調査したエンジェル投資家のうち、51.4%は2020年の投資額は少なくなるだろうと回答
○ その人たちは、2019年と比較した2020年の投資額は61%少なくなると回答

● エンジェル投資家の33.3%はロックダウンの中で投資をしていない
○ そのうちの47.6%は新型コロナウイルスの危機が終わったと確信できるまで投資はしない
○ また28.6%は投資再開を計画していない

● エンジェル投資家の64.9%は、対象とするビジネスセクターを変えている。対象となるのはヘルスケア、フィンテック、ゲームなどだ

● エンジェル投資家の54.1%が投資要件を変更した。その中ではより長いランウェイ、収益力、定期的収益が最も重視されている
○ エンジェル投資家の46.9%は投資要件を変更していない

● エンジェル投資家の68%は新型コロナウイルス感染症の結果、取引条件における評価額の減少を見ており、35%はより少額の投資ラウンドを見ている。

● エンジェル投資家との連絡に関しては、72%のエンジェル投資家が推薦や紹介を通じて連絡を取りたいと考えている。
○ 54%が電子メールも受け入れ
○ 32.6%がLinkedIn
○ 30.9%がエンジェル投資家のネットワークも可としている
Facebook(フェイスブック)とTwitterはエンジェル投資家に連絡する手段としては最も効果が薄く、この手段を受け入れるのは3%以下だった

● エンジェル投資家の70%は、SEIS/EIS(英国のエンジェル投資向け優遇税制)が投資決定にとって重要、または非常に重要もしくは決定的であると答え、そのうち58%は、SEISの上限額が現在の10万ポンド(約1320万円)から20万ポンド(約2640万円)に引き上げられても、これ以上投資しないと答えている。

原文へ]

(翻訳:sako)