伊藤忠テクノロジーベンチャーズが100億円規模の5号ファンド設立、伊藤忠は20億円を出資

次の記事

コンプレックスを武器に、美容医療アプリ「トリビュー」はどのようにして生まれたのか

ベンチャーキャピタル事業を展開する伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(ITV)は5月19日、「テクノロジーベンチャーズ5号投資事業有限責任組合」(5号ファンド)の設立を発表した。ファンドサイズは、同社過去最大規模となる100億円で、親会社の伊藤忠は出資約束金総額の5分の1となる20億円を出資する。

GP、LPの顔ぶれは以下のとおり(五十音順)。

  • GP(無限責任組合員):伊藤忠テクノロジーベンチャーズ
  • LP(有限責任組合員):伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、KJホールディングス、コネクシオ、センチュリー、独立行政法人中小企業基盤整備機構、ベルシステム24ホールディングス、みずほ証券、三菱UFJ銀行、りそな銀行

ITVは2000年に設立された伊藤忠グループのベンチャーキャピタル。1980年代から伊藤忠が培っていたシリコンバレーを中心とした有力ベンチャーキャピタルとのネットワークやノウハウを生かし、アーリーステージを中心としたスタートアップに対して投資を進めている。2000年設立の1号ファンドから2015年設立の4号ファンドまでの運用総額累計290億円超、累計投資先社数は150社超となっている。国内では、メルカリ、ラクスル、ユーザベースなどへの投資実績もある、

一方の伊藤忠商事は、ITVを含めた広範囲な国内外のスタートアップとのネットワークを生かし、ミドルおよびレイターステージを中心としたスタートアップへの出資および協業を進めていた。具体的には、医療系SaaSを提供するカケハシや、貸付ファンドのオンラインマーケットを運営するファンズへの出資。後払い決済サービスを提供するPaidyや企業のデータ活用を支援するウイングアーク1stは、持分法適用会社化している。