eye-tracking
tobii

体が不自由な人のための視線追跡アプリがFacebookやYouTube、Netflixで使える

次の記事

マイクロソフトが自律システム向け機械教示サービス「Project Bonsai」をプレビュー公開

従来のアプリやサービスには標準のアクセシビリティがなく、通常のスマートフォンやマウス、キーボードなどを使えない人たちのための良質な代替手段がないことが多い。アイトラッキング(視線追跡)技術のリーダーであるTobiiは、一連の人気アプリを視線でコントロールできる方法を発明した。

アクセシビリティの専門家であるサードパーティのデベロッパーと協力して同社がこれまでに作り上げたアプリは、Facebook(フェイスブック)、Facebook Messenger、WhatsApp、Instagram、Google(グーグル)、Google Calendar、Google Translate、Netflix(ネットフリックス)、Spotify、YouTube、MSN、そしてAndroid Messagesだ。

これらのカスタムアプリは、Tobiiの視線追跡タブレットであるI-Series、またはTobiiのハードウェアとソフトウェアを使用するWindows PC用だ。

しかしこれまでは、各サービスのための一般的なウェブインターフェイスを使うか、ネイティブアプリになんらかのレイヤーを追加する必要があった。しかしボタンやメニューなどは視標追跡向けに設計されておらず、小さすぎて操作しづらかったりすることも多かった。

最新版もウェブアプリがベースだが、視線追跡を念頭に置いて設計されているため、大きくわかりやすいコントロールが用意されており、アプリの通常のインターフェイスが右側にある。シンプルな方向を示すコントロールはもちろん、コンテキストやアプリ固有の指定ができるコントロールもある。例えばNetflixを閲覧するときは「ジャンル」を使うことができる。

同社は上記の写真に写っているDelaina Parrish(デライナ・パリッシュ )という1ユーザーを紹介している。彼女はInstagramなどアプリを使ってFearless Independence(怖くない自立)というブランドを立ち上げているが、脳性小児麻痺のため十分にアプリを使いこなせないことがある。彼女はTobiiのプレスリリースで「これらのアプリにアクセスできるようになり、毎日の生産性とコミュニケーションのチャネルが、プライベートと仕事の両方で改善され、多くのことを自分でできるようになりました」と語っている。

「まあまあ良くって」障がい者が十分に使えるツールやインターフェイスと、アクセシビリティを最初から目標として作られたものとの違いは大きい。新しいアプリは、互換性のあるデバイスなら今すぐ利用できる。

画像クレジット: Tobii

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa