エアロネクスト(企業)
ANA / 全日本空輸(企業)

エアロネクストとANAホールディングスが物流ドローンを共同開発へ、空の産業革命レベル4を目指す

次の記事

Build 2020の基調講演に感じたオンライン開催の変なところと良いところ

物流ドローン「Next DELIVERY」の試作機

独自のドローン機体設計技術を擁するスタートアップでるエアロネクストとANAホールディングス(ANAHD)は5月20日、物流ドローンの共同開発に向けて業務提携することを明らかにした。

エアロネクストの産業用ドローンの基本性能を向上させる機体構造設計技術4D GRAVITYと、ANAHDのエアラインならびにドローンオペレーターとしての機体運航に関する知見を生かし、「空の産業革命レベル4」(有人地帯での補助者なし目視外飛行)を目指す。今後は共同開発した機体をベースに、国内外のドローンメーカーとも連携して量産化を進め、輸送インフラの一部として社会普及することを目標とする。レベル4の達成によって、陸上輸送が困難な地域における生活物資や医薬品の配送や都市を含む地域における荷物配送が実現する。

試作機の荷物部分

今回の業務提携でエアロネクストは、これまで開発を進めてきた、ハードウェア制御で飛行中に重心を安定させる荷物を水平に持つことが可能4D GRAVITY技術を搭載した物流用ドローン機体「Next DELIVERY」をベースに、ANAHAに技術提供を行う。

一方のANAHDは、ドローンオペレーターとして 福岡市や五島市にて無人地帯での補助者なし目視外飛行(レベル3)による実証実験の実績があり、ドローン物流サービスの事業化に向けた検証を継続しており、オペレーターとしての視点から知見を提供する。

両社は2020年度内に共同開発した物流ドローンによる実証実験を開始し、2022年度の空の産業革命レベル4」解禁に向けて量産化を進める。ドローンによる物流サービスが地域課題の解決する新たなインフラとして社会実装することを目指すとのことだ。

関連記事:ANAやLINE Fukuokaがドローン配送実験、玄界島からアワビとサザエ運ぶ

Category:ドローン

タグ:エアロネクスト ANA