バーチャルイベントのスタートアップRun The Worldが約12億円を調達

次の記事

ゲームのトレーニングプラットフォームを提供するStatespaceが16億円を調達

カリフォルニア州マウンテンビューに拠点を置き、中国と台湾にも小さなチームを抱え、創業1年になるRun The Worldが、既存投資家であるAndreessen Horowitz(アンドリーセン・ホロウィッツ、a16z)と新規投資家であるFounders Fund(ファウンダーズファンド)からシリーズAで1080万ドル(約11億6000万円)を調達した。

両ファンドがRun The Worldに関心を持ったことを理解するのは簡単だ。同社のプラットフォームはパンデミックのこの時期だけでなくその後であっても、会議の主催者が必要とするすべての機能を備えている。多くの会社が、遠方からの参加者を呼ぶイベントをどう開催すべきか長期的な視野で考えている。ビデオ会議、チケット発行、双方向性、ネットワーキングについて検討しなければならない。

TechCrunchは数カ月前に同社について書いた。AndreessenのパートナーであるConnie Chan(コニー・チャン)氏がリードした430万ドル(約4億6000万ドル)のシードラウンドの時だ。Pear Ventures、GSR Ventures、Unanimous Capitalなどの多数のシードステージの投資家が参加した。「現在の状況を考えれば、Run The Worldはその後十分な支持を得たといえる」とFacebook(フェイスブック)とInstagram(インスタグラム)の両方でプロダクトをリードした共同創業者兼CEOのXiaoyin Qu(シャオイン・チュー)氏は述べた。

「2020年2月の立ち上げ以来、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けたイベントについてはすべて、セットアップ料金を免除した。その後、毎日数百件のイベントリクエストが来ている」とチュー氏はいう。同社はコアチームの規模を2倍にして現在30人の従業員を抱えており、現時点で2000以上のイベントがさまざまな国で主催されている。

ウェブセミナーの開催にZoom(ズーム)を使っていた多くのイベントプランナーが、エンゲージメントとソーシャル機能を重視するためRun The Worldに乗り換えているとチュー氏は話す。例えばイベントの参加者はプラットフォーム上でInstagram Storyに似たビデオプロフィールを作成して、他の参加者に自分のことを知らせることができる。また「カクテルパーティー」を開催し、1回あたり数分間参加者同士を会わせ、参加者が後でフォローする相手を選べる機能もある。

ソーシャルネットワーキングに重点を置いているのは偶然ではない。チュー氏はフェイスブックで共同創業者のXuan Jiang(シュアン・ジアン)氏に会った。同氏はフェイスブックのイベント、広告、ストーリーのテクニカルリードを務めていた。

Run The Worldはチケット料金の25%を受け取り、イベントで使うテンプレート、支払い処理、ストリーミングなどのすべてを提供する。もちろんRun The Worldは、現在Zoomと非常に激しい競争を繰り広げている。創業9年目を迎えるZoomは2月以来ユーザーの利用者が急増しており、4月末現在、毎日3億人の会議参加者がこのサービスを利用している。

こうしたネットワーク効果に対抗するのはもちろん難しいが、Run The Worldだけがイベント主催者を取り込もうとしているわけではない。例えば今週初めに、起業家イベントを主催するStartup Grindの創業者が共同で創業したイベントソフトウェアビジネスのBevyは、AccelがリードしたシリーズBで1500万ドル(約16億1000万円)を調達したと発表した。同様に最近数カ月間投資家からの支持を集めている新興のオンラインイベントプラットフォームには、ロンドンを本拠とするHopin(最近のラウンドも興味深いことにAccelがリードした)やパリを本拠とするEventmakerがある。

それでも、新たな資金は役に立つはずだ。Run The Worldはこれまで「口コミを通じて完全にオーガニックに」成長してきたが、同社はチームの拡大を計画しており、多少はマーケティングに資金を使い始めると思われる。ソーシャルメディアに詳しい投資家がこの点をサポートする可能性は十分にある。

a16zとFounders Fundに加え、シリーズAの多くの投資家の中にはWill Smith(ウィル・スミス)氏のDreamers VCとKevin Hart(ケビン・ハート)氏のHartbeat Capitalの名前もある。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi