MiddleFieldが3.4億円を調達、電話・FAX受発注や請求書郵送などのアナログ非効率業務のクラウド化を推進

次の記事

建設・土木の生産支援サービスのフォトラクションが5.7億円調達、AI導入で業務効率向上を目指す

自動車アフター業界(市場)の統合オンラインプラットフォーム構築を目指すMiddleField(ミドルフィールド)は5月27日、シリーズBラウンドのファーストクローズにおいて総額3.4億円の資金調達を明らかにした。D4V(D4V1号投資事業有限責任組合)をリード投資家とし、千葉道場(千葉道場2号投資事業有限責任組合)と新株予約権付社債で投資していた既存投資家のフェムトパートナーズ(フェムトグロースファンド2.0投資事業有限責任組合)が株主に加わる。累計調達額は約6億円になる。

同社は、中古車やカー用品の購入から、自動車保険やカーローンの契約、車検や整備までをワンストップで完結できる、自動車アフター業界の統合プラットフォーム開発を目指すスタートアップ。これまでに、中古車とカーパーツのECサイト「モタガレ」、自動車保険紹介コンシェルジュサービス「クルマの保険」などの事業を展開。全国1300社のパーツメーカー、1000社の整備工場、200社の中古車販売店、大手企業と提携しており、月間300万人以上のユーザーは利用しているとのこと。

「モダガレ」のウェブページ。膨大な量のメーカー別、車種別の各種カスタムパーツがデータベース化されているのが特徴だ

今回調達した資金は、事業者向けサービスの展開に投下する。具体的には、自動車アフター業界の業務フローをオンライン化する業務効率化システム「モタガレビジネス」を、中古車販売店やパーツメーカーへ提供し、BtoBプラットフォームの強化・拡大を目指す。

同社は各サービスを展開していく中で、電話やFAXでの受発注、紙の請求書の発行や郵送、紙の帳簿による顧客の売上管理といったアナログかつオフラインの非効率な業務が数多くあることを目の当たりにし、モタガレビジネスの開発を進めることになった。同サービスを利用することで、中古車販売店やパーツメーカーは事務作業をはじめとした各種業務をオンライン化して作業効率、省人化を高め、顧客対応や商品開発などに注力できるとしている。

関連記事:クルマのアフターパーツを扱うカタログECサイト「Garage」運営が2.5億円を資金調達

Category:モビリティ

Tag:MiddleField 自動車