ジンバブエで日産リーフを利用したタクシー配車システムを展開するVaya Africa

次の記事

米連邦控訴裁が極右活動家のグーグルやアップルに対する反保守偏向訴訟を棄却

ジンバブエの富豪であるStrive Masiyiwa(ストライブ・マシーワ)氏が創業した配車ベンチャーのVaya Africaは、電気自動車タクシーサービスとジンバブエ国内の充電ネットワークの運営を開始した。将来的には大陸全体に広げる計画だ。

南アフリカに本社を置く同社は、電気自動車である日産リーフの一群を購入し、独自の太陽光発電充電ステーションを開発した。運用は今週ジンバブエで始まるが、同時に同社はオンデマンド電気タクシーとデリバリーサービスのためのパートナーシップを締結しようとしている。対象とする市場は、ケニア、ナイジェリア、南アフリカ、そしてザンビアなどである。

「ジンバブエは実際実験場です。我々はアフリカのさまざまな国でパイロット事業を進める準備を進めています」とジンバブエの首都ハラレからTechCrunchに電話で答えるのは、Vaya MobilityのCEOであるDorothy Zimuto(ドロシー・ジムト)氏だ。

同社はマシーワ氏のEconet Groupの子会社だ、Econet Groupはほかにも、南アフリカ最大の携帯電話会社の1つと、インターネットインフラストラクチャ企業である Liquid Telecom(未訳記事)も傘下に抱えている。

マシーワ氏は、アフリカのビル・ゲイツ氏もしくはリチャード・ブランソン氏になぞらえられる人物となった、そして世界的には、オバマ元大統領(YouTube)やロックフェラー財団とのつながりや関係を持つ、ビジネスリーダーおよび慈善家として認められている。

同社のEV製品でジムト氏と協力しているのは、Liquid Telecomのイノベーションパートナーシップの責任者であるOswald Jumira(オズワルド・ジュミラ)氏だ。

この動きは、アフリカのオンデマンドモビリティ市場が、ここ数年本格化していることを受けてのものだ。スタートアップ、投資家、そしてより大規模な配車事業者が人や物の移動にデジタル製品モデルをもたらそうと競い合っている。

関連記事:Africa’s ride-hail markets are hot spots for startups and VC(アフリカの配車市場はスタートアップとベンチャーキャピタルのホットスポットだ、未訳)

エチオピアには、配車ベンチャーのローカル企業(未訳記事)であるRide(ライド)とZayride(ザイライド)がある。Uber(ウーバー)は2015年からアフリカ大陸のいくつかの市場で活躍していて、競合他社のBolt(ボルト)と同様に、2018年にはアフリカ内でのオートバイタクシー事業(未訳記事)に参入しした。昨年アフリカ大陸では、主に二輪車を中心に利用する配車やデリバリーに向けた、EV開発の動きが見られた。

2019年には、ナイジェリアのモビリティスタートアップのMAX.ngはヤマハの支援の下に700万ドル(約7億5400万円)のシリーズA資金調達を行ったが、その資金の一部は再生可能エネルギーを用いる電動二輪車の試験運用に使われた。昨年ルワンダ政府は、EVスタートアップAmpersandと協力して、ガソリン式の二輪タクシーを電動式に徐々に移行する国家計画を策定した。

Vaya Mobility CEOのドロシー・ジムト氏(画像クレジット:Econet Group)

アフリカのタクシー市場に対して、電気自動車へのシフトが環境的なメリットを超えて持つアピール点は、長期的にメリットがあるユニットエコノミクスである。燃料のコストが大陸の大部分のドライバーたちにとって、個人の収入に比べて概して大きいという状況があるからだ。

「アフリカはエキサイトしています。なぜなら私たちは今やグリーン革命に乗っているからです。排出ガスなし、騒音なし、そして自動車のランニングコストという点での大幅な節約が可能なのです」とジムト氏は述べている。彼女は、配車プラットフォームのドライバーたちの燃料およびメンテナンスコストが40%削減できると見積もっている。

Econet Groupのジュミラ氏によれば、現時点では同社の最初の市場であるジンバブエの燃料価格は1Lあたり約1.20ドル(約129円)であり、平均移送距離は22kmで運賃は19ドル(約2047円)。同社の充電ネットワークで日産リーフを使用した場合、移動距離150〜200kmで、チャージにかかるコストは約5ドル(約539円)となる。

画像クレジット:Vaya Africa

「恩恵を受けるのはドライバーです。より多くの収入を得ることができます。そしてそれはまた、配車企業の手数料を引き下げて、乗客の皆さまに、より手軽な価格を提供することを可能にするのです」とジュミラ氏はTechCrunchに対して語った。

同社は、アフリカにおける新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大に対して事業を対応させた。ジムト氏によると、ドライバーにPPE(個人用防護具)を提供し、車を1日4〜5回消毒する。配達からオートバイやトゥクトゥクタクシーなどの、ほかのオンデマンド輸送アプリケーションに対するEVオプションも模索している。

アフリカにおける Uberとの競争問題について、同社はEVプログラムによって提供される割引運賃を1つの利点として指摘している。Vaya MobilityのCEOであるジムト氏も、地域の文化や好みを知っていることの利点を指摘している。

「私たちは『アフリカ語』を話します。それが私たちが理解している言語です。私たちは人びとが、市場全体で何を望んでいるかを理解しています。それが違いを生むのです」と彼女は言った。アフリカ全域でUberのような他の配車サービス会社と真っ向勝負する際に、VayaのEV注力と地元の消費者に対する知識の多さが、より多くの乗客の流れと収益の創出につながるかどうかが注目される。

関連記事:Rwanda to phase out gas motorcycle taxis for e-motos(ルワンダがガソリン式の二輪タクシーを電気式に段階移行、未訳)

画像クレジット: Vaya Africa

原文へ]

(翻訳:sako)