エンタープライズ

Magic LeapのCEOが退任、後継者は募集中

次の記事

イリノイの工場再開でRivianのアマゾン向け電動配送バンの生産は計画どおり実行

Magic Leapは常に話が大きかった。そしてその未来のビジョンをめぐって誇大妄想と興奮のカルトを煽った責任者は、同社の創業者でCEOのRony Abovitz(ロニー・アボビッツ)氏をおいてほかにはいない。米国時間5月28日にアボビッツ氏は「同社が本当に新たな資金調達のラウンドを確保したが、同社はトップに彼がいない状態で大きな方向転換をする」と発表した。

Business Insiderが入手したスタッフ宛てのメモによると、同氏は移行期の間も同社に在籍するが、しかし同社は彼に代わる者の候補を「積極的に募集している」そうだ。

そのメモには「私達は新たに有意義な資金調達を完了し、重要な戦略的エンタープライズパートナーシップの締結に向かう極めてポジティブな動きもある。Magic Leapが必要とする今後の変化とフォーカスを計画した取締役会と私にとって明らかとなったのは、私の役割が変わることが次の自然なステップであるということだ。私はこのことを取締役会と議論し、新たなCEOを導入すべきときがいまであることで合意した。それは、エンタープライズにおける空間的コンピューティングにフォーカスした私達の計画の商用化を推進できるCEOでなければならない」と書かれている。

この発表の前に同社は「今月の初めに大量のレイオフを発表し、消費者製品の開発からエンタープライズ事業への完全なフォーカスに転換する」と発表した。そして今月の初めにはさらに3億5000万ドル(約375億円)の資金調達を確保して、今後のレイオフを回避した。

Magic Leapはアボビッツ氏の在任期間中に数十億ドルの資金を調達したが、Apple(アップル)やMicrosoft(マイクロソフト)、Facebook(フェイスブック)などとのメインストリームのARデバイスの開発競争では多くのハードルを経験した。同氏は常に消費者市場を意識していたようだから、エンタープライズへの方向転換で取締役会が別のCEOを求めるのも当然だろう。

関連記事:What happens if Magic Leap shuts down?(Magic Leapが閉鎖したら何が起きるか?、未訳)

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa