テスラの取締役会がイーロン・マスク氏の750億円超の報酬を承認

次の記事

G6G4+CJ Delhi, India、グーグルのアドレスシステムPlus CodesでGoogleマップ上で容易に場所を共有可能に

Tesla(テスラ)の取締役会は、CEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏に数十億ドルが支払われる空前の報酬パッケージの第1回ぶん(7億ドル以上の価値)を支払う重要財務事項を承認した。同社が5月28日に米国証券取引委員会(SEC)に提出した書類による。

この決定によって同氏は第1回ぶんとして約169万株を大幅な割引価格で購入する権利を得た。同社株の5月28日の終値805.81ドルに基づくと、価値は7.75億ドルになる。同氏はこのストックオプションを1株当り350.02ドルで購入できる。

「この説明書の日付をもって、この報酬の12回分割の1つが授与・行使可能となり、マスク氏の行使価格は1株当り350.02ドルで、同氏が権利を行使して購入した株式には最低5年間の猶予期間が適用される」と同社のSEC提出書類に書かれている。

この報酬計画は2018年に株主総会で承認され、2030万株の購入権が169万株ずつ12回に分割された。購入権はテスラの時価総額、売上および調整後利益(株式による報酬などの一時的費用を除く)が決められたマイルストーンに達した場合、12回に分けられて有効になる。

取締役会と株主がこの計画を承認した時点で、同氏は新株が発行されなければ理論的に560億ドル近くを手にすることができた。しかし、昨年テスラは27億ドルの株式と転換社債を売却したことを当時ロイターが報じた

ストックオプションの1回目を手にするには、テスラが時価総額6カ月平均1002億ドルに達し、年間売上200億ドルまたは調整後EBITDA(税引前利益に、特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値)で15億ドルを達成しなくてはならない。次回を受け取るには、テスラが時価総額500億ドルを上積みし、売上350億ドルまたは調整後EBTDAで30億ドルを達成しなければならない。

取締役会は時価総額と売上のマイルストーン達成を承認した。もう1つのマイルストーンである調整後EBITDA 15億ドルも達成されたが、取締役会による正式な承認が必要になるとSEC提出書類に書かれている。

Tesla SEC May 2020

画像クレジット: Screenshot/SEC filing

マスク氏がストックオプションを行使するには、取締役会がそれぞれのマイルストーンの達成を承認する必要がある。12回すべてを行使するには、テスラの時価総額が6500億ドルに達しなければならない。

同氏はこれまでに給与を受け取ったことがない。代わりに、株主の承認を得て、株式ベースの報酬制度を選んだ。前の株式報酬制度で同氏は、2012年に約7800万ドル相当のストックオプションを受け取ったが、テスラが生産台数と時価総額のマイルストーンを達成したあとに与えられたものだった。

2018年のCEO報酬制度は、マスク氏が次の10年間テスラに所属することを保証しただけでなく、重点が置かれているのは時価総額と売上であり、必ずしも利益ではない。提出書類によると、テスラの定時株主総会は7月7日に予定されている。

画像クレジット:Yichuan Cao/NurPhoto / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook