Falcon 9(製品・サービス)

SpaceXが民間企業で人類史上初の有人宇宙飛行に成功、歴史にその名を刻む

次の記事

Ciscoがソフトウェアサービス部門充実のためインターネット監視ソリューションのThousandEyesを買収

米国時間5月31日、SpaceXはNASAのDoug Hurley(ダグ・ハーリー)とBob Behnken(ボブ・ベーンケン)の二人の宇宙飛行士を、Falcon 9(ファルコン9)ロケットを使用してCrew Dragon(クルードラゴン)宇宙船に乗せて宇宙へ運び、人類史上の新たな歴史を作った。Demo-2と呼ばれる今回の打ち上げは、Crew DragonとFalcon 9の人間評価プロセスにおける最後のデモンストレーションミッションだ。このミッションを完遂すれば、通常の人の輸送に使用できることが証明される。なお当初は先週水曜日の5月27日に打ち上げが計画されていたが悪天候のために中止され、今回に仕切り直しとなった。

今回は、SpaceX製ロケットでは初となる有人宇宙飛行となった。これまでも同社のFalcon 9とFalcon Heavyロケットは複数の貨物ペイロードを軌道上に届けることに成功していたが、民間宇宙企業である同社が、ハーリー氏とベーンケン氏の二人の宇宙飛行士を乗せて宇宙に向かったのは人類史上初の快挙だ。

今回の偉業は、NASAが打ち上げ費用を軽減する目的で、民間企業にもサービスを提供できる民間企業によるロケットの開発を促進するCommercial Crew(商業乗員輸送開発)宇宙プログラムを創設したことに始まる。最終的にSpaceXとThe Boeing Company(ボーイング)がこの開発契約を落札し、有人宇宙飛行の打ち上げシステムを開発してきた。ボーイングが有人飛行を見据えた最後の無人飛行実験で予期せぬ問題に遭遇したあと、SpaceXが初めて有人宇宙飛行の打ち上げに成功したのだ。

Crew Dragonに搭乗した宇宙飛行士のダグ・ハーリー氏とボブ・ベーンケン氏が、歴史的な打ち上げを祝って船内で拳を突き上げている様子

人間が新しいロケットに乗って米国の地から飛び立ったのは数十年ぶりだ。米国の発射場から宇宙に飛び立ったのは、2011年にスペースシャトルが正式に引退して以来となる。米国が再び宇宙飛行能力を備えるということは、NASAが国際宇宙ステーション(ISS)への宇宙飛行士の輸送をロシアの国営企業のRoscosmos(ロスコスモス)製のСоюз(ソユーズ)宇宙船に全面的に頼る必要がなくなるということだ。結果、宇宙飛行士1人あたりの旅費を3000万ドル(約32億円)以上節約できる。

本日の打ち上げ後、ハーリー氏とベーンケン氏の2人の宇宙飛行士は数週間のミッションに従事する。まずは約19時間後にISSとドッキングするためのランデブーを始める。両氏がCrew Dragonは宇宙船を約30分かけて手動制御でテスト操縦する。ちなみに、Crew DragonはISSまでの宇宙飛行が完全に自動化されているので、通常ミッションではこのような手動制御のプロセスは発生しない。

手動制御テスト後に自動操縦に切り替わり、Crew DragonはISSへの残りの道を飛行し、ISSのエントリーハッチに自分自身をドッキングさせる。その後、ハーリー氏とベーンケン氏はISSに移動し、6〜16週間の間滞在することになる。なお、実際にミッションがどのくらいの期間続くかのはNASA次第だ。ISSには現在、米国人宇宙飛行士が1人しかいないため、ISSでの実験やメンテナンスの支援を両氏が担当することになる。

5月30日米国フロリダ州ケープカナベラル:2020年5月30日、SpaceXのFalcon 9ロケットが、NASAの宇宙飛行士であるダグ・ハーリー氏とボブ・ベーンケン氏とともに、フロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センターから打ち上げられた。この初飛行は、2011年のスペースシャトル計画終了以来、米国から宇宙へ打ち上げられる初の有人ミッションだ(写真提供:Saul Martinez/Getty Images)

ミッション完了後、Crew Dragonは密閉された状態でISSから切り離され、二人の宇宙飛行士は地球への帰還の途につく。今回の打ち上げでは地球帰還部分も完全に自動化されるように設計されており、宇宙船は再突入と降下を制御するために必要なブーストバックエンジンを噴射する。大気圏に入ったあとは、パラシュートを解放してゆっくりと地球に降下し、大西洋に着陸する予定だ。

SpaceXは今回のミッションがすべてがうまくいけば、今年後半にCrew Dragonに宇宙飛行士を乗せてISSへ飛ばし、完全かつ定期的な運用ミッションを開始する計画だ。そして早ければ来年にも、Crew Dragonによる民間人向けの宇宙観光旅行が実現するだろう。おそらく非常に高額な料金がかかるが。

原文へ

(翻訳:Hiro Yoshida@pylori1971