Twitterが共和党議員の反ファシズムツイートを「暴力賛美」として制限表示に

次の記事

京急アクセラレーションプログラム第3期の参加企業10社が決定、with/afterコロナの事業共創が始まる

6月1日、Twitterは政治的に大統領と近い議員のツイートを警告表示で隠し、暴力を助長するコンテンツを禁止する同社のポリシーを掲げた。

共和党フロリダ州選出のMatt Gaetz(マット・ゲイツ)下院議員はツイートで、米国政府は国内の反ファシズム主義者を、国際テロリストを追うのと同じように「狩り出す」ことを示唆した。

「当社はこの@mattgaetz のツイートに公共の利益に関する警告を表示した」と、Twitter広報がTechCrunchに話し、同社のポリシーページへのリンクを貼った。Twitterユーザーはコメントをつけてこのツイートをシェアできるが、通常のリツイート、いいね、あるいは返信は無効化されている。

以前発表した公人による同社規則に違反したツイートに関わるポリシーと矛盾することなく、Twitterはツイートを残したが警告の陰に隠した。「世界のリーダーたちのアカウントがわれわれのポリシーの上位にはないことを,ここに改めて明らかにしたい」とTwitterは昨年発表したリリースに書いていた。「明確な公共の利益がある場合は、過ちを犯すにしてもコンテンツを残すことを尊重する」。

画像クレジット: Yuri Gripas/Abaca Press/Bloomberg via Getty Images / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook