Googleが「Remove China Apps」をPlay Storeから取り去る

次の記事

Atlassianが新しいDevOps機能を発表

Remove China Appsは、最近の数週間でインドの人気アプリになったが、その名前どおりのことをする。このアプリが、Play Storeから取り去られた。

このインドで人気上位のアプリは5月の終わりごろから今日まで500万回以上もダウンロードされ、中国の企業が開発したアプリを容易に見つけて消せるが、Google Play StoreのDeceptive Behaviour Policy(虚偽の振る舞いに関するポリシー)に違反しているとしてこのほど、Androidのメインのアプリストアから取り去られたようだ。

このポリシーでは、Google Play Store上のアプリは、ユーザーの事前の知識と同意なくユーザーのデバイスの設定やアプリの外部の機能を変えてはならない。またサードパーティアプリの削除や無効化をユーザーにそそのかしてはならない。

インド人の反中国感情は、最近のヒマラヤ方面の国境紛争を契機として肥大している。そこでインドのOneTouch AppLabsが開発したこのアプリがインドで人気になった。なにしろ両国は人口が世界で一位と二位だから、アプリの市場としても大きい。

インドのセレブたちの一部は最近、中国製のアプリを削除することを肯定している。ヨガのグルであるBaba Ramdev氏は週末のビデオによるツイートで、中国起源のアプリ数本を自分が削除するところを見せた。

自分のスマートフォンからTikTokを削除したインドの俳優のツイートに応えて与党BJPのスポークスウーマンNupur Sharma氏は、「問題に関心のある一般市民が自ら模範を示したことを見るのはすばらしい。被害の大きいアプリは削除して当然である」と述べた。

中国の国営紙Global Timesは火曜日(米国時間6/2)に、業界のソースを引用しながら次のように報じた。「インド政府が不合理な対中感情の継続を許すならば、両国関係が北京からの報復の連鎖を惹き起こす危機に陥るだろう」。

同紙の記事は、中国の一部のユーザーはRemove China Appsを笑いものにしており、インド人に自分のスマートフォンを捨てるように勧めている、と報じている。インドのスマートフォン市場では中国製が支配的であることを、当てこすっているのだ。

インドからのこのような対中感情が今後も持続するなら、インドを最大の海外市場としている中国のByteDanceやUC Browserにとって、都合の悪いことになるだろう。数週間前にインドのコンテンツモデレーション努力に対して苦情を言ったTikTokは、週末にまた新たな議論を巻き起こした。人気クリエイターの一人が、「TikTokにポストしたビデオが中国企業であるTikTokによって取り去られた」と主張したからだ。

そのビデオは中国政府を批判している、と彼女は言っている。TikTokのスポークスパーソンはTechCrunch宛ての声明で、当プラットホームはユーザーと見解の多様性を歓迎する、リビュープロセスをより厳格化し、そのビデオを復帰した、と述べた。

4月にインドは海外直接投資のポリシーを修正して、世界で二番目に大きいインターネット市場の企業に投資しようとする中国の投資家に対し、従来よりも厳しい審査を行うとした。インド政府は他の近隣諸国からの投資に対しても同様の立場を取っており、この措置が導入されたのは、グローバルなパンデミックで苦しんでいるインド企業に対する「弱みに取り入るような企業買収」を抑止するためだ、と言っている。

インドのモディ首相は海外製品の排除と国産愛用運動の振興に非常に熱心であり、インドを自立的な国にして経済を活性化するためにも13億人のインド国民は国内製品に目を向けるべきである、と主張している。

インドの内務大臣でモディ首相の親友の一人であるAmit Shah氏は今週初めに、この国の強みは13億の市民であり、彼らが「外国製品を買わないと決心すればインド経済は飛躍的に好転する」、と述べた。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa