SpaceXがStarlink衛星60基を追加打ち上げ、1基に衛星の太陽光反射を防ぐサンバイザーを搭載

次の記事

畜糞を1週間で肥料化する昆虫テックのムスカがECサイト開設、代表取締役2名の新体制に

先週末にSpaceXは、史上最も重要で記念すべき打ち上げを実施し、NASAの宇宙飛行士をISS(国際宇宙ステーション)へ運んだ。そして米国時間6月3日に予定されているFalcon 9ロケットの打ち上げは、比較すれば目立たないが、同社の未来にとってやはり重要な出来事だ。これはSpaceXのStarlink(スターリンク)の最新ミッションであり、小さな衛星を大量に打ち上げて世界中の利用者に低価格で高帯域幅のインターネットアクセスを提供しようとしている。

Starlinkミッションの打ち上げ予定時刻は米国東部夏時間の午後9時25分(日本時間6月4日午前10時25分)で、60基の通信衛星を宇宙に送り込む。同衛星ネットワークは、地球低軌道で420基をすでに運用している。最終目標は最大4万基の小型衛星を打上げ、広く利用できる接続サービスで地球を覆うことだ。ネットワークは全地球に広まる衛星間で接続を手渡しすることで頑強な接続環境を提供する。

この打ち上げは、NASAの宇宙飛行士、Bob Behnken(ボブ・ベンケン)氏とDoug Hurley(ダグ・ハーレー)氏を国際宇宙ステーション(ISS)に送ったSpaceXのDemo-2(デモ2)有人ミッションの前の週に予定されていたが、スケジュール重複などを理由に有人飛行のあとに変更された。またこれは、2020年にSpaceXがStarlink衛星60基を飛ばす計画のうちで5回目の打ち上げになる。SpaceXは今年中に最大20回のStarlink打ち上げを実施することを予定しており、実現すれば、カナダと米国で今年中に新ネットワークサービスのベータテストを開始し、全世界では2021年か2022年に展開する計画だ。

打ち上げは米国フロリダ州ケープカナベラル空軍基地で行われ、過去4回のミッションをこなしたFalcon 9の第1段ロケットを使用する。SpaceXは再度のこの打ち上げロケットを誘導着陸によって回収し、さらに衛星貨物の保護に使われた筐体も、回収船の「Ms. Tree」および「Ms. Chief」を使って捕獲する予定だ。

この飛行で注目すべき大きな特徴は、Starlink衛星群が地上からの天体観測に与える影響を緩和するとSpaceXが期待する新技術をテストすることだ。科学者は、Starlinkの明るさが深宇宙の天体や現象のデータを集める高感度の光学機器を妨害すると苦情を呈してきた。それに対応すべく同社は、Starlink衛星が打ち上げ後に展開する「バイザー」システムを作り、衛星が太陽光を反射することを防ごうとしている。

SpaceXは今回打ち上げる60基のうち1つの衛星にこのバイザーシステムを搭載し、今後のStarlink衛星の標準装備とするかどうかをテストする。結果によっては、今後打ち上げられるStarlink衛星すべての恒久的設備になる可能性がある。

本日の打ち上げが延期された場合は、翌6月4日の米国東部夏時間午後9時03分(日本時間6月5日午前10時03分)が予備日となっている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook