Amazon Airが貨物機を12機追加し地上運用を拡大

次の記事

Zigazooがローンチした「子ども版TikTok」、10万回を超えるアップロード&ダウンロード数

Amazon(アマゾン)は米国時間6月4日、Amazon Airに12の新しい貨物機を追加した、これによって所有する貨物機は80機以上になった。新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック時による輸送需要の増加も追加が行われた理由の一因である。

改造されたボーイングの航空機767-300が、Air Transport Services Groupからリースされた。Amazonは、新しい貨物機の1機は今月にも輸送を開始し、残りは来年到着すると述べている。

また、同社はAmazon Airの地上ネットワークを拡大しており、今月からはテキサス州オースティンのオースティン・バーグストローム国際空港と、プエルトリコのサンフアンのルイス・ムニョス・マリーン国際空港に地域のエアハブを運用し、今年の夏にはフロリダ州のレイクランド・リンダー国際空港、来年にはサンベルナディーノ国際空港を開港すると述べている。また来年には、シンシナティ/ノーザンケンタッキー国際空港に新しい中央アマゾンエアハブをオープンする。

発表の中で、Amazon Global Airの副社長である Sarah Rhoads(サラ・ロード)氏は、「Amazon Airは、私たちが直面している現在とそれ以後の環境の両方で、お客様への迅速なデリバリーを確実にするために重要なものです」と語る。

Amazonは、配達の速度を上げ、サードパーティのロジスティクスプロバイダーへの依存を減らすために、2016年に自社ブランドの貨物機の運行を開始した。たとえば昨年、FedExがAmazonとのエクスプレスデリバリー契約の終了を発表した後、AmazonはAmazon Airを拡大(未訳記事)した。

在宅避難命令を受けている多くの米国人は、オンライン注文をAmazonに頼っている。同社はパンデミックに関連した需要を満たすために17万5000人の臨時雇いの労働者を投入しており、そのうち約12万5000人が今月中にフルタイムに移行する予定(未訳記事)だ。

しかし、同社はまた、労働者たちの安全性についても監視されている。先月末の時点で、Amazonの倉庫作業員8人が新型コロナウイルスで死亡した。同社は、従業員の何人がウイルス陽性であるかを明らかにしていないが、もし同僚がCOVID-19検査陽性となった場合には、ソーシャルディスタンス手法を強制し、同じ施設内の他の人びとに対して警告を行なうと述べている。13の州の司法長官(AG)たちは連名で、労働者の保護を強化するようアマゾンに要請した。

関連記事:米国13州の州司法長官がアマゾンとホール・フーズに新型コロナ禍の労働環境について公開書簡

Category:モビリティ

Tag:Amazon

画像クレジット: Stephen Brashear (opens in a new window)/ Getty Images

原文へ

(翻訳:sako)