aukey

Aukeyの非常にコンパクトなGaN採用の100W充電器、サイズはアップル純正の半分

次の記事

シリコンバレーは黒人が経営する企業の支援で組織的人種差別と戦うことができる

充電器について話そう。おそらくそれらは、コンピューターに関するものの中で最も地味なものだ。誤解しないで欲しい。もちろんそれらが必要なのは明らかだ。だが、これまでみなさんは充電器について夢中になって考えたことがあるだろうか?

にもかかわらず私がここでお話ししたいのは、本日があなたが充電器を愛し始める最初の日になるということだ。その理由は?この「GaN」という大文字小文字の混ざった3文字のおかげだ。前回のCESのときに、私は「GaNの採用で2020年になっても充電器はまだまだおもしろい」という記事を書いた。私の意見は変わらない。そして、読者もGaNを支持するようになるだろう。

ちなみに、GaNとは窒化ガリウム(Gallium Nitride)の略だ。GaNについて主に知っておくべきことは、それを使うことで、アクセサリーメーカーが驚くほどコンパクトな容積に多くのワット数を詰め込むことが可能になるということだ。2019年のCESで、Anker(アンカー)の30WのPowerPort Atom(未訳記事)を手に入れて以来、私はこの技術に夢中になっている。そのとき手に入れた充電器は世界最速ではなかったが、iPhoneに同梱されている充電器よりもわずかに大きなサイズで、13インチMacBookをうまく充電することができた。

とはいえ、最近では15インチのノートPCを持ち歩くようになったので、30Wでは力不足であることが否定できなくなった。実際のところ、充電中でもバッテリー残量が減っていく様子を見ることになるだろう。2020年のCESでもいくつかの新しいACアダプターを試してみたものの、実際に満足できるものを見つけることはできなかった。そんなタイミングに登場した、Aukey(オーキー)のOMNIA 100W PD充電器(55ドル、約6000円)は、かなり私の理想に近い製品だ。

これはApple(アップル)純正充電器の半分のサイズで、私が数年間持ち歩いているGoogle Pixelbookのアダプターとほぼ同じサイズ感である(だがGoogleのアダプターは45Wに過ぎない)。ところがこの新製品は、アップルが15インチと17インチモデル用に販売している96Wの充電器よりもさらに強力なのだ。

現在のサイズは理想的なのだが、そうなった理由の一部はAukeyがもう1つポートを付けようとしなかったことにある。つまり、一度に1台のデバイスだけしか充電できないということだが、私のほとんどのニーズには完全に対応している。まだまだ先になると思われるが私が出張を再開できるときには、必ずバッグの中に入れることになるだろう。

なお、サイズから想像するものよりもはるかに重い。これは高密度の小さな充電器なのだ。我が家の壁のコンセントたちにはうまくささったままでいてくれるが、デルタ航空の悪名高い、緩いシートコンセントから落ちずにささっていてくれるかどうかはテストする必要があるだろう。私は、きっと落ちてしまうと予想している。それはかつて頻繁に出張をしていた私にとって大きな問題だ。まあ希望が持てるニュースとしては、通常こうしたメーカーたちは4〜6カ月ごとにさらに小さなモデルを発売していくということだ。

そうした問題には目をつぶれるとして、もし小さなサイズで十分な力を持った充電器を探しているのなら、アップルの96Wモデルよりも24ドル(約2600円)安い本製品は、しばらくの間素晴らしい選択肢の1つになる。

原文へ

(翻訳:sako)